更新日:2017年4月24日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

1日1回で効く点鼻薬


スポンサードリンク

点鼻薬の使用回数

花粉症のシーズンになると必ず処方されるのがステロイドの点鼻薬。

初期のステロイド点鼻薬は1日4回使うタイプでしたが、今は1日2回で使うものが多いようです。最近は1日1回タイプの点鼻薬も出ました。

1日4回 アルデシンAQネーザル
1日2回 フルナーゼ点鼻液
1日1回 アラミスト点鼻液、ナゾネックス点鼻液

ずぼらな自分としては1日1回タイプの点鼻薬がいいと思うのですが、頻繁に使いたいという人もいるでしょう。

アラミストやナゾネックスは1回に2噴霧しなければいけないので注意です。

海外ではフルナーゼ1日1回2噴霧の使い方もあるようです。

「1回1噴霧」の用法

処方せんで点鼻薬の使いかたを見ると、

「1回1噴霧1日2回」

という指示を見かける。

このとおり患者さんに指示すると、後日、

「1回1噴霧って書いてあったから片方の鼻にしか使わなかった」

なんて、笑えない話が。

鼻炎の薬はたいてい「各鼻腔に1噴霧ずつ」ということなので、両方の鼻に使って差し支えありません。

デスモプレシンスプレーなんかは両方の鼻に使っちゃダメですけど。

フルナーゼは1日何回まで使える?

フルナーゼの用法は通常各鼻腔に1回1噴霧を1日2回で、1日最大投与量は8噴霧を限度とする、となっています。

1回2噴霧、1日2回でもいいのですね。

1回1噴霧、1日4回でもいいのでしょうか?

ちなみにアメリカの最大投与量は1日200μg(4噴霧)となっているので、日本のほうが緩いんですね。

点鼻薬の使い方なんてどうでもいい、と思ってる医師が多いでしょうけど。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン