更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬の違いは?


スポンサードリンク

GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬

インクレチン関連薬は、GLP-1受容体を薬理学的な活性型GLP-1濃度でGLP-1受容体を活性化したGLP-1受容体作動薬、DPP-4を阻害しGLP-1とGIPの失活を防ぐことで作用を維持するDPP-4阻害薬に分類されます。

GLP-1受容体作動薬は注射薬であり、現在国内外で販売されている薬剤では1日1~2回の自己注射による投与が必要となります。

体重減少作用を認めることが利点の一つです。

血糖降下作用はDPP-4阻害薬と比べて強いことが報告されています。

DPP-4阻害薬は経口投与可能な薬剤であり服薬が容易という利点がありますが、GLP-1受容体作動薬とは異なり体重減少作用は認められません。

インクレチン・エンハンサーとインクレチン・ミメティクス

インクレチン関連薬は、インクレチンの分解酵素を選択的に阻害する「インクレチン・エンハンサー」と、インクレチンの受容体を刺激する作用を持つ「インクレチン・ミメティクス」の二つに大別できる。

DPP-4阻害薬はインクレチン・エンハンサーで、GLP-1受容体作動薬はインクレチン・ミメティクスになる。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン