更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

軟膏は細菌汚染されない?


スポンサードリンク

軟膏の防腐剤

細菌は一般的に水が存在しないところでは増殖できないことから、油脂性基剤では防腐剤は配合されていません。

乳剤性基剤やゲル基剤では水を多く含むことから、大部分の製剤が防腐剤を含んでいます。

軟膏剤に使用される防腐剤は主にパラベン類が使用されています。

ケラチナミン軟膏では尿素が防腐剤として働くことから、別に防腐剤は配合されていません。

ウレパールやパスタロンではパラベン類が配合されています。

しかし混合したりすると細菌汚染されることがあります。

ハンドクリームの細菌汚染

手術室で多くの職員が共用していたハンドクリームが汚染されて患者へ感染したことがあります。

この原因として、手に付いている水分と細菌がハンドクリームの表面に付着して細菌が増殖したことが考えられます。

また、ハンドクリームを長期間使用している間に乳化の一部が破壊されて、分離した水に防腐剤が十分に働かなかったことも考えられます。

軟膏剤の細菌汚染防止策

①複数の患者などには使用しない。

②チューブから患部に直接使用せずに、滅菌ガーゼや使い捨てのへらなどを使用する。

③軟膏つぼよりもチューブを使用する。

④軟膏剤の使用前後には手を洗う。

⑤診療科では500gなどの大きい容量の軟膏剤を使用しない。

⑥軟膏剤を混合する場合には分離に注意する。

塗り薬の添加物

油脂性軟膏剤のように基剤が油性成分のみの場合は微生物が繁殖し難く、pHも変化しないので添加物はあまり必要ではありません。

また、基剤に水分が存在すると微生物の繁殖やpHの変化が起こるので保存剤などその他の添加物が必要になります。

①界面活性剤:1分子中に親水基と疎水基を持つ物質の総称で、水分と油分などのように、表面張力が違い、互いに混じり合わない物質の仲立ちをし、溶け込んだ状態にする物質です。相互に混じり合わない水と油とを乳化させ、油の中に細かい水滴が分散している油中水型(W/O型)、水中に細かい油滴が分散している水中油型(O/W型)のクリームをつくります。

②保存剤(防腐剤):微生物などで汚染され、品質劣化を防ぐために配合されています。

③抗酸化剤:酸化反応による有効成分の劣化を防ぐために配合されます。

④pH調節剤:有効成分の安定性、皮膚に対する安全性などの点から、pHを調節するために配合されます。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン