更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

アレジオン1日2回?


スポンサードリンク

アレジオン1日2回

近くの医療機関から、小児にアレジオンDS1日2回、という処方がたまに来ます。

疑義照会はしましたが、そのままで、とのこと。

ジルテックも小児の場合1日2回だし、こういう処方もありなのかな。

1日1回の薬を2回に分けて飲んだからといって、副作用的には問題ないでしょう。

自覚症状の無いような病気なら1日1回のほうがコンプライアンスがいいかも知れませんが、かゆみなどの症状があるような病気だと1日に複数回飲んだほうが落ち着くかも。

アレジオン開発の経緯

エピナスチン塩酸塩は、1975 年にドイツ ベーリンガーインゲルハイム社により合成されたアレルギー性疾患治療剤である。抗ヒスタミン作用とアレルギー反応に関与する細胞のケミカルメディエーターの遊離抑制作用を持つことから本薬のアレルギー性疾患に対する有効性が示唆され、また、血液脳関門を通過しにくく、中枢神経系に対する作用が弱い化合物であることが推察された。

アレジオンの特徴

エピナスチン塩酸塩は抗ヒスタミン作用のほか、ロイコトリエンC4、PAF(血小板活性化因子)、ブラジキニン等に対する抗メディエーター作用と、ヒスタミン、SRS-A のメディエーター遊離抑制作用を持ち、中枢抑制作用がプラセボと同等であり、しかも1日1回の経口投与が可能なアレルギー性疾患治療剤である。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク