更新日:2016年12月23日.全記事数:3,095件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

鼻炎の薬でダイエット?


スポンサードリンク

ダン・リッチ

昔、ダン・リッチという風邪薬が医療用でありました。現在は販売されていません。
ダン・リッチに含まれていた「塩酸フェニルプロパノールアミン」という成分が問題になりました。
脳卒中の副作用が報告されました。しかも、10代20代という若い年代の女性で。
なぜ若い女性の間で副作用が多く出たのか?
それはこの「塩酸フェニルプロパノールアミン」がアメリカでは食欲抑制剤として使われていたからです。
日本でもこの成分が入った薬をダイエット目的で乱用していた女性がいたようです。
塩酸フェニルプロパノールアミンはノルエフェドリンとも呼ばれます。
エフェドリンに近い効果があります。

エフェドラ

エフェドリンといえば「エフェドラ」というやせ薬がアメリカで売られていました。
このような交感神経刺激薬は脂肪燃焼効果があって、やせ薬としてよく使われるようですね。
サルブタモールとかクレンブテロールとかも海外ではダイエット目的で使われているらしく、全部販売中止にしたら喘息患者さんは困ってしまいますね。

市販のダン・リッチ?

医療用のダンリッチは販売中止となりましたが、市販薬でダンリッチ鼻炎カプセルという薬は現在でも販売されています。

成分は、dl-メチルエフェドリン塩酸塩72mg、ヨウ化イソプロパミド5mg、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩4mg、無水カフェイン100mg。
ダンリッチの成分は、ヨウ化イソプロパミド、塩酸フェニルプロパノールアミン、塩酸ジフェニルピラリンでしたので、塩酸フェニルプロパノールアミンをdl-メチルエフェドリン塩酸塩に変えて、マレクロも入れて、、、全く違う薬。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師向けリンク集
薬剤師必携書籍
添付文書(PMDA)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク