更新日:2017年1月4日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リレンザをネブライザーで吸入しちゃダメ?


スポンサーリンク

リレンザをネブライザーで使用してはいけない

” リレンザをネブライザーで使用してはいけない(米FDA) アポネットR研究会・最近の話題

 米FDAとGSK社は9日、抗インフルエンザ治療薬リレンザ(ザナミビル)について、米国外でリレンザを溶液に溶かしネブライザーで投与した人工呼吸器を行っていた妊婦で死亡例があったとして、定められた使用法以外で投与しないよう医療関係者に注意を呼びかけています。

リレンザをネブライザーで吸入させるという方法は、話には聞いたことありますが。

1ブリスター当たりを1~2mLの生理食塩水または蒸留水に溶かしネブライザーで吸入するというやり方。

死亡例ではリレンザに含まれている乳糖の粘着性が人工呼吸器を詰まらせたのではないかとしています。

怖いですね。

今ではラピアクタ注射したほうがいい。

リレンザは何歳から使える?

リレンザの添付文書には「低出生体重児、新生児、乳児又は4歳以下の幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。」と書いてあります。
5歳以上なら大丈夫ということでしょう。

これは安全性ということよりも、4歳以下だと適切に使用できない(吸入できていない)可能性が高いから、という理由です。
小児に対する安全性が確立していない薬は山ほどあるので、4歳以下でも適切に吸入できてさえいれば、医師は処方する。

リレンザの小児薬用量

リレンザの用量は小児も成人も同じ量で1回2BL1日2回です。

小児に適応のなかった頃は1回1BL1日2回で使ってたときもありました。

しかし、現在メーカーの説明では、「耐性ウイルス発現の可能性を抑えるため、定められた用法・用量を投与することが重要であることから、承認用量より少ない用量での投与を行うことは避けてください。」と言っています。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク