更新日:2017年5月23日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

第1世代と第2世代のパップ剤の違いは?


スポンサードリンク

第1世代と第2世代

湿布剤は捻挫、打撲などの急性炎症に伴う疼痛、腰痛、筋肉痛に対し古くから用いられている薬剤である。

市販されているパップ剤はサリチル酸メチルを主成分とする第1世代とフルルビプロフェンやインドメタシンなどのCOX活性阻害薬を含有する第2世代とに分けられる。

第1世代はl-メントールなどの清涼化剤が配合されている冷湿布とトウガラシエキスやノニル酸ワニリルアミドを配合し温感覚が得られる温湿布とに分けられる。

第2世代のパップ剤に含まれる抗炎症薬は一般には経口投与される薬剤であるが、消化管障害などの副作用が認められるために用いにくい場合もある。

そのような場合に、これら消化管に対する副作用を軽減し、炎症局所でその抗炎症・鎮痛作用を発現させるために第2世代のパップ剤は用いられる。

ロイヒつぼ膏

「ロイヒつぼ膏」という商品が中国人による爆買いでよく売れているという話を聞いた。
なぜだろう。

成分は、
サリチル酸メチル
l-メントール
ハッカ油
dl-カンフル
チモール
ノニル酸ワニリルアミド

製品の特長は、「ロイヒつぼ膏はノニル酸ワニリルアミドの温感刺激により患部の血行を促進し、サリチル酸メチル、l-メントールなどの鎮痛消炎作用とあわせ、すぐれた効果をあらわします。」となっている。

湿布というよりも、エレキバンサイズの磁気治療器のような印象。
エレキバンのような磁気治療器に胡散臭さを感じてる私としては、鎮痛成分の入ったロイヒのほうが効きそうな気はする。
メントール、ハッカ、カンフル、ノニル酸ワニリルアミドと刺激成分が入っており、温感なのか冷感なのかよくわかりませんが、効いている感じ、が強いんだろうな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン