更新日:2016年9月5日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

過呼吸にビニール袋は危険?


過呼吸の発作時に紙袋で口をふさいで呼吸をするペーパーバッグ法という方法が用いられる。
テレビなどで見たことがある。

ビニール袋では、隙間がなくなり、逆に酸素が不足するという事態にもなりうるので紙袋が使われているそうな。

スポンサードリンク

ペーパーバッグ法は危険?

ペーパーバッグ法自体の危険性も指摘されています。
過換気症候群 – Wikipedia
最も有効な対処法はペーパーバッグ法であるとされている。ペーパーバッグ法とは紙袋で口と鼻を覆い、その中で呼吸をするという方法で、自分の呼気を再び吸気した結果、血液中の二酸化炭素濃度が上昇して症状が和らぐという理論である。しかし、頻呼吸であるが、心筋梗塞、気胸、肺塞栓といった過換気症候群でない場合には死亡例も報告されており、鑑別診断がない場合は危険な方法である。

本人が落ち着くのであれば、これも一つの手段かな、と。

過呼吸と過換気症候群は違う?

過換気症候群とは、精神的な不安によって過呼吸になり、その結果、手足や唇の痺れや動悸、目眩等の症状が引き起こされる心身症の一つです。
一般に過呼吸と称されるものとの違いは原因が「精神的な不安」にあることで、過呼吸は呼吸を多く必要とする運動の後に起こるという点が異なりますが、発症後の症状はほぼ同じです。

しかし実際は特に区別無く用いられています。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン