更新日:2015年11月4日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

妊婦はイソジンガーグルを使っちゃダメ?


スポンサーリンク

妊娠中にうがい薬を使っちゃダメ?

うがい薬といえばイソジンガーグル。

イソジンに含まれているヨードは甲状腺ホルモンの原料になる物質で、海藻類(コンブ、ワカメなど)に多く含まれています。
このヨードの摂取量は少なすぎても多すぎても甲状腺機能の異常を起こします。
海に囲まれた日本では海藻類の摂取不足になることは少ないので、過剰摂取に注意しなければなりません。

妊娠中にヨードを過剰摂取した場合、母親だけでなく子供の甲状腺機能にも影響を及ぼします。生まれてきたときに一時的に甲状腺の機能が低下する可能性があります。
ただ先天性の甲状腺機能低下症とは違って一時的なので、その後の成長に影響はありません。

しかし、面倒な検査や不必要な薬の服用をしなければならなくなるのは嫌ですね。

イソジンガーグルの添付文書には、特に妊娠中の使用について注意はされていません。
よほど使いすぎない限りは問題ないと思われる。
しかし、つわりなどで、頻繁にうがいする妊婦もいると思われ、過剰な使用については注意を要する。
可能であれば他のうがい薬を紹介するが、アズレンには消炎作用はあるが、殺菌作用は無い。

イソジンガーグルは何日分?

イソジンガーグルは1本30mL。
1本250mLもありますが、風邪で処方されるのは30mLでしょう。

用法用量は、
用時15~30倍(2~4mLを約60mLの水)に希釈し、1日数回含嗽する。
1回2mLで1日3回うがいしたと計算すると、1日6mL。
5日位もちますね。

イソジンガーグル1本250mL?

イソジンガーグル 1本
という処方が来たとき、今までの私なら迷わず30mLを1本調剤してしまったでしょう。

しかし、添付文書を見ると、250mL1本という商品もあるではないか。

どういう人が使うのだろう。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク