更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

殺菌と静菌どっちがいい?


スポンサードリンク

殺菌性と静菌性

抗生物質は殺菌性の抗生物質(ペニシリン系、セフェム系など)と静菌性の抗生物質(マクロライド系、テトラサイクリン系など)に分けられます。

殺菌性とは菌を殺してしまう作用をもつこと、静菌性とは菌を殺してはいないが、分裂して増殖することを抑えます。

菌は殺してしまったほうがいいと思われますが、増殖さえ抑えればあとは人間の免疫力で殺してしまうことができます。

そのため現在では殺菌性か静菌性かはあまり重視されていません。

従来の第一選択抗菌薬の使用は、細菌は有害だからできるだけ早く除いてしまおうという考えに基づいている。

しかし、第一に心配すべきは炎症で、細菌は二の次である、という話も。

βラクタム系抗菌薬で治療した場合、細菌構成成分が血流中に放出され、これを免疫系が認識し、致死的な転帰をたどることもある炎症の引き金になる。

蛋白質合成を阻害する抗菌薬は細菌の蛋白質合成の場であるリボソームの機能を阻害し、速やかに細菌を破裂させるのではなく時間をかけて静菌作用を発揮することによって炎症反応を回避できる。

という指摘もあり、静菌作用のほうが優れているんじゃないかとも思う。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン