更新日:2017年1月27日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ニコチンパッチはタバコよりもニコチンが多い?


スポンサードリンク

ニコチン含有量

Q3ニコチン0.1mgと表示されたタバコを吸っています。ニコレット シリーズに含まれているニコチン含有量は多すぎるのではないのでしょうか?

A3タバコ1本には銘柄にかかわらず10~20mgのニコチンが含まれています。0.1mgというタバコの表示は人工喫煙装置によって測定されたものであり、ニコレット シリーズのニコチン含有量と直接比較することはできません。よくある質問|禁煙をパッチとガムでサポート「ニコレット」ニコチンパッチとニコチンガム

ニコチン補充療法に用いる禁煙補助剤のニコチン含有量は、たばこに比べて多いように思える。

しかし、たばこのパッケージの0.1mgなどという表示は人口喫煙装置によって測定された数値であり、禁煙補助剤のニコチン含有量と合致するとは限らない。

たばこ1本には、表示や銘柄にかかわらず10~20mgのニコチンが含まれており、実際は表示量以上のニコチンを摂取しているケースが多い。

当然ながらニコチンを含有する禁煙補助剤は、タールや一酸化炭素などを摂取しないで済む。

ニコレットガムのニコチン含有量は、1個中2mg。
用法は、

タバコを吸いたいと思ったとき、1回1個をゆっくりと間をおきながら、30~60分間かけてかむ。1日の使用個数は表を目安とし、通常、1日4~12個から始めて適宜増減するが、1日の総使用個数は24個を超えないこと。禁煙になれてきたら(1ヵ月前後)、1週間ごとに1日の使用個数を1~2個ずつ減らし、1日の使用個数が1~2個となった段階で使用をやめる。なお、使用期間は3ヵ月をめどとする。

1日48mgまで使える。

シガノンCQ1は1枚78mg。CQ2は1枚36mg。
ニコレットパッチ1は1枚24.9mg。パッチ2は1枚16.6mg。パッチ3は1枚8.3mg。
ニコチネルパッチ20は1枚35mg。パッチ10は1枚17.5mg。
ニコチネルTTS30は1枚52.5mg。TTS20は1枚35mg。TTS10は1枚17.5mg。

ニコチンパッチの含有量にバラつきが。

薬局のオモテとウラ ニコチネルパッチ、シガノンCQ、ニコレットパッチの比較
こちらの比較表をみると、ニコチン含有量はバラつきがあるけれど、ニコチン放出量は同程度の範囲にある。

軽いタバコのほうが体にいい?

軽いタバコというのは、特別な葉を使ってるわけではなく、フィルターに小さな穴を沢山空けて一緒に吸い込んだ空気によって煙が薄まるだけという仕組みです。

タバコに表記されてるニコチン・タール量というのは、機械でタバコを吸ったときの量で、人間は無意識にフィルターをふさいで吸ったり、吸い込みを深くしたりして、結局、自分に必要なニコチンの量までをうまく調整して吸っています。

軽いタバコに換えると、本数が増えるので、発癌という観点では、煙をより多く吸い込む軽いタバコは危険が高いといえます。

強いタバコを少ない本数吸ったほうが、まだいいとも考えられます。

軽いタバコを盛んに宣伝して、いかにも「健康にいいタバコ」とコマーシャルがされるのは、吸う本数が増えて、タバコ産業が儲かることと、小中学生などが最初に吸うタバコとして非常にいいタバコという2点の意図があります。

ニコチン課税?

藤井裕久財務相が、たばこ税について「健康を考えると、ニコチンの含有量によって(税率を)重くしたり軽くしたりするような改革はあり得る」と述べ、たばこに含まれるニコチンやタールの量に応じて課税する方式に変更する可能性に言及しました。

喫煙は、吸い込む強さや時間、またたばこの持ち方など、人により大きくことなるため、実際に吸う煙に含まれるニコチンやタールの量がその表示どおりであるとはいえません。さらに、より低い表示値や、マイルド、ライトなどの言葉があるほうがより害が低いかのような誤解が生まれる可能性があります。 その点については財務省の通達によって、そうした害が低いという誤解がないように注意するよう決められています。最新たばこ情報統計情報タールニコチン含有量推移

軽いたばこだからと言って、害も軽いというわけではない。

こんな方式にしたら、益々誤解を生むだけ。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク