更新日:2015年10月22日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

家で最後を迎えたい、のか?


スポンサードリンク

家で最後を迎えたい

「多くの人が住み慣れた自宅で最期を迎えたいと考えている」
と国は言い、在宅療養を推進していますが。

現実は、多くの人は自分が動かない体になったら、入院したほうが安心と考えている。
私も。

それは在宅療養の環境が整っていないからだ、と言い張る。

しかし結局多くの高齢者は、自宅ではなく施設で最期を迎えることになる。

私の世代なんか、家を持っている人も少ない。
住み慣れたアパートで最期を迎えたい、とか思わない。

自宅で看取るのは面倒?

自宅で家族が亡くなった場合、どうするでしょうか。

救急車?

警察?

年齢にもよるでしょうけど。

若い人が亡くなってたら事件性も考えて警察でしょうか。

それは置いといて、高齢者が自宅で死亡するケース。

かかりつけ医がいれば、かかりつけ医を呼んだほうが良いらしい。

救急車を呼んでも、そのときすでに死亡していたとなると、救急隊員が死亡確認をして、不審死の扱いになり、警察呼ばれて面倒な感じ。

かかりつけ医って大事ですね。

家族が看取った場合

医師が臨終の場に立ち会っていなくても、病気の経過があり、その病気で亡くなったことが明らかであれば、死亡診断書は発行できます。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク