更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

プログラフはなぜ1日1回夕食後?


スポンサードリンク

関節リウマチと朝のこわばり

Q: 関節リウマチに用いる免疫抑制薬プログラフ™(タクロリムス)カプセルが1日1回夕食後服用だが,なぜか?

A: 関節リウマチの症状に朝のこわばりがあり,関節を動かし始める時にこわばって動かしにくく,使っているうちにだんだん楽に動かせるようになる。朝,起きた時に最も強く感じるため「朝のこわばり」と呼ばれ,関節やその周囲のこわばりは1時間以上持続する。この朝のこわばりの症状を軽減するために,夕食後に服用する。質疑応答 2009年12月

関節リウマチに用いる場合のプログラフの用法は、

通常、成人にはタクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に経口投与する。なお、高齢者には1.5mgを1日1回夕食後経口投与から開始し、症状により1日1回3mgまで増量できる。

となっています。

なるほど、朝の強張りを軽減するために夕食後の服用が効果的であると。
朝食後の場合は疑義照会が必要。かな?

しかし、リウマトレックスやアザニン、イムランとかエンドキサンとかプログラフ以外の免疫抑制剤には添付文書上特に夕食後という服用時点の指示は無い。

スポンサードリンク

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    「朝のこわばりを軽減するため」という理由では足りないのでしょうか?

    yakuzaic:2013/12/5

  2. プログラフにつきまして、朝のこわばりを軽減するため夕食後服用と確認しましたがその理由が知りたいと思います。よろしくお願い致します。

    佐藤槇石:2013/12/5

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク