更新日:2017年2月23日.全記事数:3,095件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ストロメクトールは空腹時服用?


スポンサードリンク

ストロメクトールの用法は?

ストロメクトールの用法は空腹時と指示されてくることが多い。

Q: ストロメクトール錠を空腹時に服用と指示されたが,なぜか?

A:疥癬や腸管糞線虫症に用いられるストロメクトール錠の成分イベルメクチンは脂溶性物質である。高脂肪食により血中薬物濃度が上昇する恐れがあるため,空腹時に水のみで服用する。質疑応答 2010年5月

添付文書上の用法は、

1. 腸管糞線虫症
通常、イベルメクチンとして体重1kg当たり約200μgを2週間間隔で2回経口投与する。下記に患者体重毎の1回当たりの投与量を示した。本剤は水とともに服用する。
2. 疥癬
通常、イベルメクチンとして体重1kg当たり約200μgを1回経口投与する。下記に患者体重毎の1回当たりの投与量を示した。本剤は水とともに服用する。

と特に食事に関する服用時点は記載されていない。
と思ったら、「用法及び用量に関連する使用上の注意」に、
「本剤は水のみで服用すること。本剤は脂溶性物質であり、高脂肪食により血中薬物濃度が上昇するおそれがある。したがって、本剤は空腹時に投与することが望ましい。」と書いてありました。
望ましい、だから、食後に飲んじゃっても気にすることはないのかな。

インタビューフォームには、
「海外において健常成人男女にイベルメクチン30mgを単回経口投与した場合、高脂肪食(脂肪48.6g、784 kcal)食後投与のAUCは空腹時の2.57倍であった。」
との記載があった。

そんな何回も飲む薬じゃないから、空腹時に飲めるだろうけど。

あえて食後に?

疥癬では食後投与で血中濃度を高めたほうが効果が良いとの報告もある。

腸管糞線虫症では、腸管の糞線虫の駆虫が目的なので、薬が吸収されずに腸管内に移行した方がよいので食前投与が望ましく、疥癬では、皮膚角質中のヒゼンダニの駆虫が目的なので、薬が吸収され血中に移行、皮膚に到達するため食後がよい。

肝障害に注意。

ストロメクトールで疥癬が悪化?

ストロメクトールの服用後、ヒゼンダニの死骸に対するアレルギー反応によって、一時的に掻痒が悪化することが少なくありません。

患者や家族が効果がないと勘違いする恐れがあるため、あらかじめ説明しておく必要があります。

シラミにストロメクトール?

難治性のアタマジラミ駆除にイベルメクチン内服が有効:日経メディカル Online

シラミにストロメクトールが効く。

ダニもシラミも似たようなものなので。

しかし、ストロメクトールの適応症は、

1. 腸管糞線虫症
2. 疥癬

なので、シラミに使うのは適応外。

日本でシラミに内服薬を使うことは無いかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師向けリンク集
薬剤師必携書籍
添付文書(PMDA)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク