更新日:2016年9月1日.全記事数:3,091件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

カルタンからフォスブロックへの切り替え方法は?


スポンサードリンク

カルタンとフォスブロック

質疑応答 2007年3月

Q:透析患者の高リン血症に,リン吸収抑制薬を炭酸カルシウムから塩酸セベラマー(フォスブロック,レナジェル)に変更したいが,注意点は?
A:炭酸カルシウムから一度に塩酸セベラマーに変更すると,便秘症状の悪化や腹部膨満発症の原因となるため,塩酸セベラマーを少量ずつ追加し,血清リン値の低下とともに炭酸カルシウムを漸減していく。炭酸カルシウムの投与量が1日3g未満の場合は塩酸セベラマーを1回1g,炭酸カルシウムの投与量が1日3g以上の場合は塩酸セベラマーを1回2g,1日3回食直前から投与を開始する。

フォスブロックの添付文書にも、

沈降炭酸カルシウムから切り替える場合
沈降炭酸カルシウムの投与量が1日3g未満の場合は1回1gから、1日3g以上の場合は1回2gから投与を開始し、その後血清リン濃度の程度により適宜増減する。

と書いてあります。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク