更新日:2016年9月1日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

キックリンとフォスブロックの違いは?


スポンサードリンク

リン吸着薬

透析患者の処方をあまり受けたことが無いので、苦手な領域。

医薬品名一般名用法適応
フォスブロック/レナジェルセベラマー塩酸塩1日3回食直前透析中の慢性腎不全
キックリンビキサロマー1日3回食直前透析中の慢性腎不全
リオナクエン酸第二鉄1日3回食直後慢性腎臓病
カルタン沈降炭酸カルシウム1日3回食直後保存期及び透析中の慢性腎不全
ホスレノールランタン1日3回食直後慢性腎臓病

フォスブロックやキックリンは、カルシウムや金属をふくまず、体内に吸収されないので、非吸収性の薬物である。
剤形にチュアブルとかOD錠があると、水分摂取制限のある患者には投与しやすい。

キックリン、フォスブロック/レナジェルともに透析中という制限があり、透析に至っていない患者に投与は不可。
これらの薬が処方されていれば透析中ということだ。
しかし2015年3月現在キックリンについては慢性期腎臓病の適応追加申請しているようなので、近いうちに透析前にも投与可能となる。

キックリンは便秘になりにくい?

 同じ非吸収性ポリマーのセベラマーとの比較では、ビキサロマーが膨潤の程度が小さい特性があることから、消化管系の副作用が少ない(もしくは軽減される)こと、さらにはセベラマーで認められる過塩素血症性の代謝性アシドーシスの懸念がないことが期待されている。また、カルシウム製剤や炭酸ランタン水和物など、他のリン吸着剤との比較では、ビキサロマーはカルシウムや金属を含まないことから、高カルシウム血症や金属の組織沈着による毒性発現の懸念がないことが特徴である。キックリン:安全性を高めた非吸収性リン吸着剤:日経メディカル オンライン

キックリン。Kik(効く)+lin(リン)から命名した。
わかりやすい名前。小林製薬みたいな。

フォスブロックは便秘の副作用が多いらしいので、こちらに変えてみたいという患者は結構いるのかな。

透析してると水分制限もあるだろうし、便秘になりやすい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク