更新日:2015年10月22日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

精神病の原因はネグレクト?


スポンサードリンク

ネグレクトが脳に与える影響

母から隔離は脳に影響か、横浜市大がラット実験 育児放棄解明へ-神奈川 (カナロコ) – Yahoo!ニュース

 育児放棄(ネグレクト)が脳にどのような影響を与えるかを調べている横浜市立大学の高橋琢哉教授(生理学)のグループが、ラットを使って行った実験で、発育初期に母親から隔離されたラットは、環境に対する脳の適応力が低下することを発見、19日付の米医学誌に発表した。

 ネグレクトで母親に放置され社会と隔絶した状態を経験すると、精神疾患を発症する例がある。発症のメカニズムは解明されておらず、新規治療薬の開発が課題となっている。

 研究は、文部科学省の「脳科学研究戦略推進プログラム」事業などの一環で、同省は「研究の成果が精神疾患治療に向けた薬の開発につながると判断している」と話している。

 実験では、オスのラットを人間の幼少期にあたる生後4~7日目または7~11日目にかけて毎日6時間1匹だけで飼育し、14日目に脳を調べた。

 通常は生後12日目から14日目にかけて、記憶や学習に作用するタンパク質が神経細胞の表面に出現し、神経に伝わった情報を別の神経に伝える現象が起こる。しかし隔離したラットはストレスにより、タンパク質が少なくなっていたという。

 高橋教授は、人でもラットと同じような異常が起きている可能性があるとして、今回の成果をメカニズムの解明につなげ、劣悪な環境が起こす精神疾患の治療に今回の実験結果を生かしたいと話している。

だろうなあ。

母親の影響は大きいなあ。

でも、幼少期のそうした体験がのちのちの精神疾患に関係してくるとしたら、取り返しがつかないような。

薬で治せるようなモノなら良いけど。

子供だけじゃなくて、母親も孤立、家族もバラバラ、結婚もしない、子どもも産めない、死ぬ時も孤独死、みたいな社会だからなあ。

薬じゃどうしようもないか。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク