更新日:2016年12月21日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

坐薬が出てきたら?


坐薬を入れた後にウンチをしてしまい、坐薬が出てきてしまったらどうしましょう。

薬によって対応も異なるかとは思いますが、問題はどれくらい吸収されているか、です。

原型をとどめていれば、ほとんど吸収されていないでしょう。

形が崩れていれば、ある程度吸収されたのでは。

あとは時間。入れてから10分以上たっていればある程度吸収されているでしょう。

アンヒバは効果発現も速やか、投与後30分以内に体温低下が観察されます。解熱目的であれば、30分程度様子を見て、必要なら再挿入してもいいかと。

ダイアップは有効血中濃度に達するのには15~30分なので、入れてから30分以内に坐薬が出てしまった場合は再挿入してもいいでしょう。効いてるかどうかを判断するのは難しいので、微妙なときは再挿入はしないほうがいいかも。

坐薬は静注に比べてCmaxがはるかに低く、呼吸抑制などの副作用を過度に恐れる必要は無い、とのこと。

ナウゼリンのTmaxは2時間で、飲み薬よりも遅いです。

有効血中濃度に達する時間は約1時間。1時間以内に基剤がわかる状態で排出された場合には再挿入を考えます。

スポンサードリンク

入れた坐薬が出てきたら

坐薬の挿入時によくあるトラブルの一つが、「入れた坐薬が出てしまう」ことである。

坐薬を入れてから、すぐに出てしまった場合、坐薬の形がしっかりしているようなら、出てきたものをそのまま入れるか、新しいものを再挿入するよう伝える。

一方、体内で坐薬が溶け始め、形が崩れて出てきたような場合は、既に薬の吸収が始まっていると考えてよい。

過量投与を避けるため、しばらく様子を見て、症状が治まらなければ再度挿入するよう説明する。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク