更新日:2017年1月12日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

整腸剤は気休め?


スポンサードリンク

整腸剤は気休め?

処方せんで整腸剤を出す国って日本以外にあるのかな。

下痢した時には、必ずと言っていいほど出される整腸剤。

ラックビー、ビオフェルミン、ミヤBM。

大した効果は期待できないけど、何も処方しないわけにはいかない。

気休め程度。

無意味な処方を続ける意味

日経DI2015.5月号の「処方箋の裏側」というコーナーで、「ラックビーを1日1gで長期処方する理由」という話が書かれていた。

救急搬送されたアルコール中毒の患者に定期的な検査を受けさせるため、あえて効果も副作用も無いような薬を処方し続けるという内容だった。
薬が無くなれば来院するという習慣づけをさせることで、定期的な検査と指導を受けさせ、退院後のフォローをしようという作戦のようだ。

眼科のカリーユニにもそのような意図を感じることがある。
降圧剤や抗コレステロール薬などの生活習慣病予防薬についても、薬の効果そのものよりも、定期的な受診、検査、指導のほうが意義深いのかも知れない。

しかし、このような処方に保険を使うのは、どうなんだろうと思われる。
医療費の無駄使いを自ら晒すような行為は避けた方が良いと思う。

抗菌薬を飲んでも下痢しなければ整腸剤は飲まなくても良い?

Q.抗菌薬投与時は、併せて乳酸菌も与えた方がよいか?
A.プロバイオティクスを投与すると、抗菌薬によるクロストリジウム・ディフィシル関連下痢症の発症が少ない。
抗菌薬使用時に乳酸菌製剤などのプロバイオティクスを併用することは広く行われている。
クロストリジウム・ディフィシルによる偽膜性腸炎が半分以下になったという研究結果がある。

参考書籍:日経DI2014.8

整腸剤の特徴は?

乳酸菌の腸内での活動により生じる乳酸が腸内を酸性にし、病原性大腸菌などを阻止するほか、腐敗発酵物であるアンモニアの産生や吸収も抑制する。

抗菌薬使用時の腸内異常発酵の治療、菌交代現象の予防には、多種の抗菌薬に耐性をもつ製剤(ビオフェルミンRなど)を使用する。

乳酸菌(ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌)は腸内で乳酸を作り、悪玉菌の発育を抑制する。

酪酸菌および宮入菌は、腸内で酪酸を生成し、悪玉菌の発育を抑制するほか、病原性大腸菌O157の毒素産生も抑制する。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク