更新日:2015年11月17日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

医療保険に入る必要は無い?


スポンサードリンク

医療保険、20代は必要性低め

医療保険、20代は必要性低め 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 若い20代も、病気やけがは心配だ。民間の医療保険に加入しようと考える人もいるだろう。だが、その前に医療保険についてきちんと知っておきたい。
 民間の医療保険は、給付金(保険会社からもらえるお金)が定額制となっているのが主流だ。定額制とは、入院1日につき1万円とか所定の手術で20万円などと、受け取れるお金が一律だということ。ファイナンシャルプランナーの内藤真弓さんは「民間の医療保険に加入しても、多くは定額制なので医療費全額が保障されるわけではない」と指摘する。
 また、国民健康保険や企業独自の健康保険(組合管掌健保)などといった公的医療保険には「高額療養費制度」があることも知っておきたい。
 公的医療保険では、かかった医療費の3割を患者本人が払うのが原則。さらに長期入院などでの負担を軽くするため、患者の支払った医療費を月ごとに計算し、それが所定の限度額=表=を超えると、超過した分は、後に健康保険から払い戻される。これが高額療養費制度の仕組みだ。
 このため、一般的な所得の人なら、医療費の自己負担は、大抵が月10万円以内で済む。高額療養費制度の適用となる月が過去1年以内に3回以上あると、4回目以降は負担額が下がる。入院時の食事代や差額ベッド代は対象外だが、「公的医療保険にかなり手厚い保障機能がある点は理解しておくべきだ」と内藤さん。
 さらに、企業の健康保険に加入している人なら、病気やけがで働けなくなった際に、休んだ日数に応じて給与の一定割合を支給する「傷病手当金」もある。
 以上の点を考慮すれば、医療保険の必要性はかなり小さくなるはずだ。それでも「保険に入ると安心」と考えるなら、どうするか。
 医療保険も死亡保険と同様に、10年間など一定期間を保障する「定期型」と、一生涯保障の「終身型」がある。保障期間が長い分、終身型は保険料が割高なので、掛け捨ての定期型を選んだり、入院給付金の額を抑えたりして、保険料負担が過大にならないよう、気をつけよう。

若い人は必要性が低い、ですね。

保険屋さんからは、若いうちから入っていたほうが保険料が安くて済む、と勧誘されます。

無知な若者は、保険屋さんに言われるまま保険に入ります。

途中で抜けようと思っても、今まで払った金が無駄になる、と言われて抜けられず。

もし、万が一何かあったら・・・と考えさせるのがうまいですね。

保険に入ってて良かった、という話は保険屋さん以外から聞いたことはありません。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク