更新日:2017年1月11日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

とびひでお風呂に入ってもいい?


スポンサードリンク

とびひのときお風呂はダメ?

とびひのとき、お風呂に入ってはいけない、と誤解している患者さんがいるようです。
医者からも「お風呂には入らないほうがいい」と言われることがある。

それは、湯船に長時間入れるのは避けた方が良いという意味で。
シャワーだけなら問題ない。

湯船に入るのも、短時間なら問題ないでしょう。
本人が傷口が染みて痛ければ入れないほうがいい。

でも、残り湯は捨てたほうが良い。
お風呂に残った細菌が、別の人の傷口から侵入してうつしてしまうかも。
次の日も同じお湯で追い炊きするのももってのほか。

お風呂に入るときの注意事項

とびひの予防や治療では、皮膚を清潔にすることが大切です。
特にアトピー性皮膚炎の患者さんでは、汗をかいたまま放置すると、汗による汚れが刺激となって痒みが起こり、皮膚を掻破し、とびひを合併しやすくなります。

そのため、なるべくこまめにシャワーを浴びて汗の汚れを落とすことにより、とびひの発症や増悪が抑えられます。

湿疹・皮膚炎がある場合は入浴してはいけないと誤解している患者さんも多いようですが、シャワーで皮膚を清潔にすることが予防にも治療にも重要です。

ただし、タオルの共用は避けるようにします。

患児の登園や登校を禁止することはありませんが、子ども同士の接触は避けるように指導します。
したがってプールは参加させないほうがよいでしょう。

抗菌薬を投与して、5~7日で赤みが消失すれば、通常通りの生活に戻って問題ありません。

発熱などの全身症状がない限り、入浴して皮膚を清潔に保つべきです。
湯船には入らず、シャワーを使って、泡立てた石鹸で病変部をやさしく洗い、石鹸分をよくすすぎます。

痂皮は無理に取る必要はありませんが、除去できるものは洗い流します。
兄弟姉妹がいる場合は、患児を最後に入浴させるとよいです。

とびひのときプールはダメ?

プールには入れないほうがいい。
プールは、他のお子さんと直接接触してうつしてしまうので避けたほうがいいです。

でも、1人でお風呂に入る分には何の問題もありません。
兄弟でお風呂に入ると、うつしてしまうかも。

でも、お風呂に限ったことではなく、日常生活で接触していればうつすでしょう。
皮膚を清潔にすることが予防にも治療にも重要です。

とびひは学校感染症に分類されています。
病変部を処置してあれば、保育園や幼稚園、学校を休む必要はありません。
ただし病変が広範囲の場合や、発熱など全身症状がある場合は休ませます。

プールの水を介してうつることはありませんが、自分の病変を悪化させたり、他人に接触してうつしたりする恐れがあるため、完全に治るまで(乾燥して痂皮が取れるまで)プールは禁止します。

とびひは細菌による疾患であるため免疫は成立せず、皮膚のバリアが弱い小児では何度もかかります。
再発を予防するためには、手洗い、爪を短く切る、鼻をほじらないよう言い聞かせることなどが重要です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク