更新日:2017年1月2日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

年末年始はいつからいつまで?


スポンサードリンク

年末年始

「年末・年始」とは12月29日から1月3日までと解釈されています。

そのため、12月29日から休日として扱えます。

調剤薬局では12月29日も営業してるところが多いと思います。

夜間・休日加算の算定し忘れに注意しましょう。

12月29日は休日

休日加算の対象となる休日とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律第3条に規定する休日をいう。
なお、1月2日、3日、12月29日、30日及び31日は休日として取り扱う。

日曜日は休日加算を算定できる?

Q.休日加算が算定できる場合は、どのような日が該当するのでしょうか。

A.休日加算の対象となる休日とは、日曜日および国民の祝日をいい、さらに1月2日、3日、12月29日、30日および31日も休日として取り扱って差し支えないとされています。
休日加算を算定できる患者は、①地域医療の確保の観点から、休日における救急医療対策の一環として設けられている施設、または輪番制による休日当番保険薬局など、客観的に休日における救急医療の確保のために調剤を行っていると認められる保険薬局で調剤を受けた患者、②当該休日を開局しないこととしている保険薬局で、または当該休日に調剤を行っている保険薬局の開局時間以外の時間(深夜を除く)に、急病などやむを得ない理由により調剤を受けた患者です。

参考書籍:保険調剤Q&A平成22年版、調剤と情報2009.2

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク