更新日:2015年10月22日.全記事数:3,129件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

多発性硬化症の薬?


スポンサードリンク

多発性硬化症

多発性硬化症治療 広がる期待 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 手足のまひや視覚障害などの症状が出る神経難病「多発性硬化症」に対し、新薬の治験や候補物質の発見が相次いでいる。多発性硬化症は、これまでの治療薬を使っても再発を繰り返すことが多く、治療の選択肢が広がると期待されている。
 治験が始まったのは、ナタリズマブという薬。薬を扱うバイオジェン・アイデック・ジャパン社によると、治験は先月から開始され、100人に参加してもらう予定で、2014年の発売を目指している。
 欧米では「タイサブリ」という商品名で、従来の薬が効かない患者などに既に使われ、同社によると約7割でまひやしびれなど身体症状が改善している。ただし、0・1%に脳細胞が破壊される進行性多巣性白質脳症という副作用が出ることがあり、専門医が慎重に治療する必要があるという。
 一方、新薬の候補物質として新たに見つかったのは、ビタミンAの関連物質のレチノイドだ。
 国立精神・神経センター神経研究所の山村隆免疫研究部長たちが、多発性硬化症と似た症状を起こすネズミに注射したところ、まひなどの症状が改善、血液中の炎症を起こす物質も減っていた。ただし、長期間使うと効果は次第に薄れた。
 レチノイドは、既に白血病の一種に対する治療薬としても使われており、山村さんは「比較的、副作用が少なく、急性期の症状に使える可能性がある」と話す。

奇跡体験!アンビリバボーで、プロゴルファーのトニー・ジョンストンが多発性硬化症になったが、新薬を使って劇的に回復し、見事復帰を果たしたという話が放送されていました。

そっちの薬は、ナタリズマブではなく、アレムツズマブという薬らしい。

林家こん平さんも新薬で復帰して欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク