2015年10月22日更新.記事数:3,207件.4,879,175文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

酸素の吸い過ぎは危険?

スポンサーリンク


CO2ナルコーシス

過剰な酸素吸入が原因で、体内に炭酸ガスが蓄積して意識障害が起こることがあります。

これをCO2ナルコーシスといい、その症状は呼吸促迫、発汗、頭痛、頻脈などです。

呼吸不全患者に高濃度酸素を投与してはいけない

CO2ナルコーシス 看護用語辞典 ナースpedia

CO2ナルコーシスは一般に、肺の酸素不足によって生じるが、例外もある。在宅酸素療法などを行っている場合、呼吸を楽にする目的で不用意に供給酸素濃度を上げると、CO2ナルコーシスを引き起こす。
呼吸中枢は通常、二酸化炭素分圧(CO2分圧)によりコントロールされているが、高いCO2分圧状態が続くと、呼吸中枢がそれに慣れてしまい、CO2分圧ではなく酸素分圧(O2分圧)に応じて呼吸がコントロールされるようになる。この状態のときに高濃度の酸素を投与すると、低酸素血症は改善するが、O2が充足したと認識した呼吸中枢は呼吸を弱めてしまう。このため換気機能が低下し、血液中の二酸化炭素濃度が著しく上昇するため、CO2ナルコーシスを引き起こすのである。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク