更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

医薬分業が医療費増加の原因?


スポンサードリンク

医薬分業と院内処方

医院の中で薬をもらう「院内処方」のほうが、医院の外の薬局で薬をもらう「院外処方」よりも安くすみます。

そのため、院外処方による医薬分業は医療費の増大につながる、として悪だという論調がみられます。

そもそもなぜ医薬分業なんて二度手間が必要なのか、診療所のすぐ前にコバンザメのように薬局がポンポンと作られるようになったのか。

医師と薬剤師による処方のダブルチェックにより安全性が高まるとか建前はありますが、院内に薬剤師を置けばすむことです。

そもそも院内処方と院外処方の金額の差なんてものは、厚生労働省がそう仕向けているだけの話で、差を無くそうと思えば次の診療報酬改定の時にでもす
ぐに出来ます。

国は院外処方を進めたいのです。

医薬分業は医療費を抑制することが出来るからです。

医薬分業の目的は、医者から薬を取り上げることだったのです。

「薬九層倍」という、「薬は原価が10%で利益が90%だ」という意味の言葉があります。今も、研究開発費は莫大にかかりますが、原価はそんなものです。

この言葉は、医者が薬価差益で儲けていた時代の言葉です。

医薬品メーカーが医者に安く薬を納入して、高い薬価で売れば儲かります。医者は、「効く薬」よりも「儲かる薬」を処方するようになります。

今でもメーカーは医者を接待しますが、医者に直接「薬の儲け」が入るわけではないので、影響は少なくなりました。

こうして、優れた医薬品を開発するメーカーだけが生き残ることになります。

じゃあ、今は薬局が薬で儲けているのか、と言われると、そうではありません。当初は薬価差益がありましたが、どんどん減らされて、今ではほとんどゼロ。

期限切れの在庫などを考えるとマイナスです。

そして乱立した調剤薬局を減らそうということで、厚生労働省は今後、調剤薬局の首を絞めるような方針を示してくるでしょう。

薬局の人件費

薬局の人件費の目安として、総利益の40%というのがあるようです。

人件費の妥当性を見る指標は、労働分配率です。

労働分配率=人件費÷総利益×100

このウエートが低い場合、一般的に効率がいい経営となります。

薬局の利益は少ないほうがいい?

棚卸しのときに在庫はなるべく少ないほうがいい。

その理由は在庫が利益として計上されてしまうからです。

実際にはその在庫が売れなければ利益にはなりませんが、税金を払うときには在庫も利益として計上します。会社から税金を取るためのシステムです。

利益は多いほうがいいに決まっていますが、国に報告する利益は少ないほうが、払う税金も少なくて良いので、利益は少ないほうがいい、となります。

スポンサードリンク

コメント

  1. コメントありがとうございます。
    興味深いページの紹介もありがとうございます。
    院内処方が安くすむのは事務が処方するから、というのは私が間違ってました。
    誤解でした、バカでした。
    院内処方と院外処方の調剤料の点数設定がおかしいというのは、あると思います。
    医師から薬剤の利益をはがすために、国が誘導してきたので。
    だから、院内処方の点数を引き上げるってことにはならないので、院外処方の点数が引き下げられて、薬局がつぶれていくと。
    病院の前にいくつも建っているような薬局はつぶれていって、統合されていったほうがよかろうと個人的にも思います。
    ただ、医薬分業=院外処方みたいなイメージで、医薬分業は悪、薬剤師不要、みたいなイメージになっていくのはちょっと違うんじゃないかと主張したいのです。

    yakuzai:2011/12/18

  2. 院外処方について調べていたらここに飛んできて読ませていただきましたが。院内処方が安くすむのは事務が処方するからではないとおもいます。別に薬剤師をおいても、あるいは医師が処方するでも院内処方の点数が院外より安いからだと思いますがいかがでしょうか。このホームページに点数と内外での点数について書いてあります。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1116867631
    確かに薬価差益は現在無くなっており、院内に薬をおくことはほとんど利益なし。ちなみに薬を買う消費税は医院、病院が負担し請求できない状況にありますので逆ざやもあり得ます。院外処方が医療費削減になるかと言うことですが、院外処方料が現状では非常に増えております。院外処方自体悪いわけではないのですが調剤料の点数制度がおかしい状況であるのが現状です。ここをご参考に。
    http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/iyaku.html
    確かに医科点数削減の次は調剤料に飛び火するでしょう。一気に院外調剤料を下げたりすると院外調剤薬局はつぶれるかもしれません。

    きっぴー:2011/12/15

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク