更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

こんにゃくゼリーは危険?


スポンサードリンク

口内で滑る食品危険

口内で滑る食品危険、栃木市の保育園で2歳児重体 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 栃木市立はこのもり保育園(同市箱森町)で、女児(2)が白玉を喉に詰まらせて意識不明の重体になる事故があり、周囲の大人による注意や配慮が必要であることを改めて示した。

 身近な食品による乳幼児の窒息事故は後を絶たず、食材の細分化はもちろん、子供から目を離さないことが求められる。

 白玉は冷凍製品で千葉県の食品会社が製造。これまで同製品の事故はなく、包装紙などに注意書きなどはなかった。17日、同園が果物などを加えて調理したが、白玉を細かく切るなどせず、そのままフルーツポンチとして提供。保育士らは通常通り、「よくかんで食べるように」と呼び掛けていた。

 信州大学医学部の岡元和文教授によると、2歳児は歯が生えそろわず、喉が狭いうえ、のみ込む力が弱い。口に入るが喉を通らない2~3センチ程度の滑りやすい食品が危険と指摘する。子供は食べながら走ったり、遊んだり、横になったりし、喉に詰まらせやすいという。一方で、「色々な食べ物を食べる練習も必要で何もかも規制するわけにはいかないのでは」と話す。

 1990年代以降、こんにゃく入りゼリーなどで食品の窒息死亡事故が相次ぎ、内閣府食品安全委員会は2008年5月、窒息事故防止を呼び掛ける文書を作成し、ホームページ上で公表。「食べやすい大きさにして、よくかむ」「食事の際は誰かがそばにいて注意して見ている」などが重要としているほか、喉に詰まった食品を除去する応急処置を記載している。

 同市こども課によると、女児がいた2歳児クラスは当時、園児27人に対して職員が6人。監督者の人数は十分だったが、今後見守りをさらに強化する。また、ミニトマトやサトイモなど危険性の高い食品は小さくするか、献立から外すという。20日には、同園で全保護者を対象にした説明会を開いたほか、公立保育園の職員らを対象にした全4回の講習会を開催する予定。

 鈴木俊美市長は「市として重大な責任を痛感している。2度とこのような事故が起きないよう再発防止に万全を期したい」と話した。

(2012年7月21日 読売新聞)

2歳児に白玉って。

普通に子供育ててりゃ危険そうな食べ物ってわかりそうだけど。

誰も注意しなかったのか。

業務上過失致傷罪だな。

こんにゃく畑

2010年1月13日の記事
<食品安全委>こんにゃくゼリー「事故頻度はあめと同程度」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

のどに詰まらせる事故の多い食品の安全性を審議している国の食品安全委員会の作業班は13日、こんにゃくゼリーについて「一口あたりの窒息事故頻度は、あめ類と同程度と推測する」との見解をまとめた。作業班は今後、事故を減らすための提言をまとめる。

アメと同程度とはいっても、モチの次に危険なレベルということだそうで、肉類などの食品と比べると2倍危険です。

モチはダントツの一位ですが。

子供には食べさせないほうがいいですね。モチも。

でも私も好きだったので、店頭に並ばなくなったのはさみしいです。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク