2015年10月22日木曜更新.3,262記事.5,244,099文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

手でさすると痛みがやわらぐ?

スポンサーリンク


手でさすると痛みがやわらぐ

私たちは、痛い部位を無意識にさすっていることがあります。

小さい頃に、母親にさすってもらうだけで腹痛が軽減した体験を多くの人がもっていると思います。

実際、仰臥位で安静臥床している患者さんは、背中や腰の痛みを訴えますが、その時にベッドと背中の隙間に手を入れて、背中をさすると痛みの訴えが軽減することを多くの医療従事者は経験しています。

痛い部位をさすることで、なぜ痛みが減少するのでしょうか。

その機序としては、「さするという行為が脊髄における痛みの抑制システムを賦活化させる」という考え方(ゲートコントロール説)があります。

すなわち、末梢からAσ線維やC線維によって脊髄後角に伝わった痛み情報は、脊髄後角を経由して脳に伝わります。

しかし、触覚などを伝えるAβ線維が興奮すると、脊髄後角にある抑制介在ニューロンが活性化してAσ線維やC線維の活動を抑制するため、痛み情報が脳に伝わりにくくなるのです。

このように、「さする」という行為でAβ線維を興奮させることで、痛み情報が脳に伝わりにくくなり、痛みが軽減されるのです。

参考書籍:クレデンシャル2012.6

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ