2019年2月19日更新.3,370記事.5,917,338文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ジェネリックは効かない?

スポンサーリンク


アドバンスト・ジェネリック

ジェネリックと聞くと、先発品よりも劣るというイメージを持っている人はまだいます。
そういう偏見の無い人でも、先発品と変わらない、というレベルでしか一般に期待されていないでしょう。

しかし、先発品より優れたジェネリックというのも存在します。

先発品とは違った、付加価値のあるジェネリックのことを、アドバンスト・ジェネリックといいます。

例えば、錠剤の大きさが小さいとか、味が飲みやすいとか。
こういうジェネリックが普及すれば、患者にもっとジェネリックのメリットを感じてもらえるでしょう。

フェノフィブラート錠「日医工」

フェノフィブラートの先発品はカプセルですが、このジェネリックは錠剤です。

67mg錠は直径が6.5mmで、カプセルが苦手な人でも飲みやすい。

ジェネリックは効果に乏しい?

医師限定コミュニティサイト「MedPeer」(https://medpeer.jp/)を運営するメドピアはこのほど、医師がジェネリックの効果をどのように感じているかに関する調査結果をまとめ、「ジェネリックは先発品より効果が乏しいことがある」との回答医師が6割近くにのぼった。自由コメントを見ると、「ジェネリックにもピンからキリまである」とのコメントに代表されるように、全てのジェネリックで効果に疑問があるということではないとのコメントが多く見られたほか、先発品では経験したことのない副作用が見られたとの内容も散見された。ジェネリックは効果に乏しい? 医師の6割弱が「そういうこともある」 メドピア調査 国内ニュース ニュース ミクスOnline

薬剤師である自分自身も、イブのほうが、イブプロフェンのPBよりも効くような気がする。
ジェネリックとは違う話かもしれないけど。
プラセボ効果は侮れない。

効果は同じ、と説明されて納得しても、いざ服用してみると「安いから効かないかも知れない」という思いはよぎるだろう。

目薬のジェネリックは信用できない?

外用剤の後発品のうち局所に作用する薬剤の場合は、内服薬のように血中・尿中濃度で生物学的同等性を確認するのではなく、動物を用いた薬力学的試験で同等性を確認する。

点眼剤の場合、pHや浸透圧の差により、使用感が異なる。

スポンサーリンク

「空腹時服用」でない薬は?

IMG_0670
薬剤師

食後に投与すると吸収が増加して副作用が出やすくなったり、吸収が低下して効果が出にくくなる医薬品がある。下記に食後に投与しない「空腹時(食間)服用」医薬品を挙げたが、1つだけ異なるものがある。それはどれか。
A. パゾパニブ(ヴォトリエント):チロシンキナーゼ阻害剤
B. エルロチニブ(タルセバ):チロシンキナーゼ阻害剤
C. クアゼパム(ドラール):睡眠障害改善剤
D. リセドロン酸(ベネット・アクトネル):ビスフォスフォネート製剤
E. イコサペント酸エチル(エパデール):EPA製剤

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク