2018年12月9日更新.3,338記事.5,761,212文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ジスロマックで突然死?

スポンサーリンク


エリスロマイシン、クラリスロマイシンでも突然死

抗生物質の乱用は突然死を招く! – QLifePro医療ニュース

エリスロマイシン、クラリスロマイシンの2つは、突然死を引き起こす危険性があるとしてすでに知られている。しかしアジスロマイシンは安全であると考えられていた。

知らなんだ。

マクロライドって安全なイメージ。

アジスロマイシンが死亡リスク高める可能性

抗生物質アジスロマイシンが死亡リスク高める可能性、米研究 国際ニュース AFPBB News

【5月17日 AFP】気管支炎、肺炎、耳の感染症や性感染症などの治療によく用いられる抗生物質「アジスロマイシン」は、心臓病による死亡率を高める可能性があるという研究結果が16日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」で発表された。

 アジスロマイシンは1980年代から世界中で使用されているが、心臓病の深刻なリスクが報告されたのは初めて。他の抗生物質と比べて投与から5日以内に心血管疾患で死亡する確率が2.5倍に上昇することが分かったという。

 米バンダービルト大学(Vanderbilt University)の研究チームは、米南部テネシー(Tennessee)州で1992年から2006年にかけてアジスロマイシンが処方された約34万8000件の記録を、抗生物質を処方されなかった患者や、アジスロマイシンと似た効果を持つが心臓病のリスクがないとされる抗生物質「アモキシシリン」を処方された患者の数百万件の記録と比較した。

 その結果、アジスロマイシンを投与された後に心臓病で死亡した患者数は、アモキシシリンと比べ100万人当たり47人多かった。もともと高い心臓病リスクを抱えていた患者に限ると、その差は100万人当たり245人に広がった。

 死亡率そのものは比較的低いが、研究チームは今回の研究で医師や患者が考慮すべき危険性に関する新たな事実が明らかになったとしている。

100万人当たり245人。

100万人当たり47人にくらべたら多いけど。

そもそも、アモキシシリンよりもアジスロマイシンのほうが、症状の重い症例で使われていたんじゃなかろうかと、穿ってみる。

とにかく、ジスロマックよりもサワシリンを使えと。

ペニシリンはリスクの少ない良い薬だと。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/27 デパス0.25mg? (ジョン) 0.25役に立ってます。 過眠症でモディオダール服用し、副...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ