くすりの勉強 -薬剤師のブログ-

カテゴリ

  1. 薬局 (697)
  2. 病院 (131)
  3. 循環器科 (405)
  4. 呼吸器科 (340)
  5. 消化器科 (341)
  6. 泌尿器科 (125)
  7. 精神神経科 (602)
  8. 内分泌代謝 (415)
  9. 婦人科 (229)
  10. 小児科 (119)
  11. 皮膚科 (450)
  12. 眼科 (180)
  13. 耳鼻咽喉科 (108)
  14. 歯科口腔外科 (60)
  15. 整形外科 (206)
  16. 感染/免疫 (272)
  17. (189)

記事

まつ毛エクステは危険?

まつ毛エクステンション

角膜に傷・ヒリヒリ…まつ毛エクステに被害続々 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 目元を彩るメークとして女性に人気の「まつ毛エクステンション」で、目の炎症などの被害が後を絶たず、業界団体や国が安全対策に苦心している。

 人工毛を接着剤でまつ毛に貼り付けるデリケートな施術で美容師免許が必要だが、無資格が横行するほか、美容師の技術不足も背景にあるという。専門サロンは全国に1万店以上あり、業界団体は、技術水準の向上を目的に、専門資格の新設を国に要望した。

 「数日間はまぶたが腫れてヒリヒリした」

 大阪市中央区の女性会社員(29)は約3年前、同市内の専門サロンで施術を受けた際、接着剤のアレルギー症状が出たという。それでも店を変え、今も3週間に1度は通う。「リスクがあるのはわかっているが、つけまつ毛より自然な感じで朝の化粧も楽。やめられない」と話す。

 流行し始めた5~6年前から健康被害も増加。国民生活センターには「角膜が傷ついた」などの相談が毎年90件前後あり、「潜在的な被害はもっと多いはず」(同センター)という。滋賀や東京など各地で美容師法違反(無免許営業)容疑による摘発も相次ぐ。

 業界団体などによると、美容師の養成課程でほとんど指導されず、美容師の国家試験で過去の出題例はないという。大半の美容専門学校で使われる教科書にも今春発行で2ページ登場しただけ。免許取得後に講習会などで学ぶが、指導内容にばらつきがあり、見よう見まねの美容師もいるという。

(2012年5月12日 読売新聞)

見よう見まねの美容師もいる、って、素人同然か。

アレルギー症状とかは、技術的な問題だけでは無いだろうから、専門資格を作って技術向上しても、まつ毛エクステ自体のリスクは残るんだろうな。

しかし、女性は健康を害してでも美を追求するような生き物だから、今後もまつ毛エクステは流行るんだろうな。

スポンサーリンク

コメントを書く

プロフィール

名前:yakuzaic
職業:薬剤師
生息地:山形県
大学:ケツメイシと同じ
愛読書:今日の治療薬
RSS ツイッター

最新の記事


人気の記事


リンク

くすりの勉強アンテナ
にほんブログ村 薬・薬剤師
人気ブログランキングへ
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

ブログ内検索