更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

男性に加味逍遙散を使っちゃダメ?


スポンサードリンク

男性に加味逍遙散?

男性に加味逍遥散という処方は見たことがありませんが。

加味逍遥散の効能効果には、

体質虚弱な婦人で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症

冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

と「体質虚弱な婦人で」と明記されている。
婦人じゃなきゃダメなのか、と思いますが、冷え性・虚弱体質の適応で保険は通るらしい。
保険は通るかも知れませんが、処方的には「?」と思うので、疑義照会は必要だろう。

当帰芍薬散と認知症

当帰芍薬散といえば、婦人病に使う漢方薬として有名なので、男性に処方されていると「?」と思います。

しかし、証さえ合えば男性に処方されても不思議ではありません。

当帰芍薬散は、アセチルコリン神経系を賦活し、認知症症状を改善するとして、アルツハイマーなどに使用されることがあります。

それ以外にも、

耳鼻科で男性の患者さんに当帰芍薬散? 日経DI掲載クイズ QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず?

女性に繁用される漢方薬ですが、認知症、脳障害後遺症のほか、男性のニキビ、男性更年期障害(頭痛、肩こり)、男性不妊等で使うケースもあります。
耳鼻科領域では、循環障害によるめまいに用いられることがあり、嗅覚障害(特に感冒疾患後や頭部外傷後の嗅覚障害)に用いた事例も報告されています。

男性に桂枝茯苓丸?

レディースクリニックで男性に桂枝伏苓丸。どういうこと? 日経DI掲載クイズ QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず?

Q.レディースクリニックで男性に桂枝伏苓丸。どういうこと?
A.男性不妊症に用いられていると考えられます。桂枝茯苓丸は精索静脈瘤、特発性造精機能障害を改善する作用があると報告があります。
精索静脈瘤とは、精巣から心臓へ還る静脈の血液の流れが途中で滞る病気です。左側に起こることがほとんどで、症状としては陰嚢に腫れた静脈を触れたり、痛みや違和感として感じたりすることがあります。精巣内の温度が上昇することにより精子の造精機能が障害されるために不妊症になるといわれています。

その他男性不妊症に対して、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、補中益気湯、牛車腎気丸など用いられることがあります。

参考文献:伝統医学vol.7 No2 52-53,2004

20番台の漢方薬は女性に使われることが多い。

桂枝伏苓丸もその一つ。

精索静脈瘤なんてのが不妊の原因にあるんですね。

痛みも違和感も無いから、自分は大丈夫かな。

桂枝伏苓丸の特徴は?

体力中等度あるいはそれ以上の人に適している。

下半身は冷えて、のぼせて赤ら顔のことが多く、下腹部に抵抗・圧痛を訴える場合に用いる。

ふる血(お血)をとる薬で、高血圧、脳卒中、打撲、慢性肝炎などに応用し、美肌剤としても有名である。

便秘がちで、肩こり、頭痛、めまいを訴えるような場合に用い、各種の婦人科疾患、皮下出血、打撲、血の道、血管、血

液疾患などにも応用される。

美肌剤として用いる場合はヨクイニンとよく併用する。

下腹部、とくに骨盤内の炎症によるうっ血を改善し、子宮機能を調整するように考えられた方剤であるが、下腹部に限ら

ず全身各所のうっ血状態の改善に用いられる。

補性はあるが降性があるので、妊婦には禁忌である。

バイアスピリンやパナルジン様の効果が期待される方剤でもある。

人参が不妊症に効く?

男性不妊の多くは原因不明の特発性造精機能障害ですが、漢方製剤の適応となる症例もあるものと考えられます。

男性不妊には、一般的に牛車腎気丸や補中益気湯がよく用いられています。

これらの補腎・補気剤の有用性は漢方製剤による漢方治療においても単独投与や併用療法によって評価されています。

最近では、薬用人参が乏精子症に臨床的に有用であり、また基礎的にも睾丸のDNAや蛋白生合成を促進する作用が明らかにされていることから、漢方製剤では人参の配剤された補中益気湯や人参湯が男性不妊に用いられています。

また心因性の不妊に用いられる柴胡加竜骨牡蠣湯にも人参が配剤されています。

スポンサードリンク

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク