2019年1月20日更新.3,354記事.5,857,725文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

百日咳に抗菌薬は効かない?

スポンサーリンク


百日咳菌

百日咳菌に対してはマクロライド系抗菌薬を使用します。

これは、カタル期では有効です。しかし、痙咳期に見られる咳発作症状は、百日咳菌が産出する毒素によると考えられており、毒素には抗菌薬が無効なため、この時期の抗菌薬治療は、症状改善効果を期待するというよりは、百日咳菌を除菌する事により周囲への感染を防ぐ事が主な目的になります。

マクロライド系にはエリスロシン、クラリス、ジスロマックなどがありますが、ジスロマックは百日咳に保険適応外です。

アメリカのガイドラインでは、
「6ヶ月以上の乳幼児では、アジスロマイシン(AZM)、クラリスロマイシン(CM)はエリスロマイシン(EM)と同等な有効性があり、副作用は少なく、使いやすい。CAM・EMはチトクロームp450酵素系の抑制作用があるため、他の薬剤との相互作用を起しやすい。CAM・AZMは、EMに比較して耐酸性で組織濃度も高く、半減期も長い。EMは他の2剤より安価。新生児でのAZM・CAMの有効性を実証した報告はないが、肥厚性幽門狭窄症を考慮してEMやCAMよりAZMを暴露後や治療で推奨している。」

百日咳の治療

百日咳にかかって間もないころであれば抗生物質が効きます。

ただしこの時期は普通の風邪同様の症状なので正しく診断がつくことは多くありません。
咳がひどくなってからは抗生剤は効果がありません。
とにかく三種混合ワクチンで予防するのが一番です。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索