更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ストレスは心臓に悪い?


スポンサードリンク

ストレスは心臓に悪い?

ストレスは心臓に悪い。
よく言われることです。

その原因として一つ挙げられるのが「セロトニン」。
うつ病の原因として知っている人が多いのではないでしょうか。
セロトニンには神経の情報を伝達する役目があります。
ストレスを感じると脳を活性化させるため、セロトニンのような神経伝達物質が増えるのです。
このセロトニンが減り過ぎると、うつ状態になることが知られています。

またセロトニンは血小板から放出される物質で止血作用にかかわるという働きもあります。
セロトニンが過剰になると血栓をつくりやすくなり、狭心症や心筋梗塞の危険が増えてしまいます。
ストレスを感じセロトニンが過剰放出されると、心筋梗塞などの心臓病を引き起こすので、心臓に悪いと言われる由縁です。

たこつぼ心筋症

 東日本大震災の被災者に「たこつぼ心筋症」と呼ばれる心臓病の発症が懸念されている。強いストレスを受けた後に心臓の筋肉が収縮しにくくなり、正常に血液を送り出すことができなくなる病気で、平成16年の新潟県中越地震の際、中高年の女性被災者に多く発症し注目されるようになった。専門医は「今後、発症例が増えることが予想され、注意が必要」と指摘している。
 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)心臓血管内科部門の野々木宏部門長によると、たこつぼ心筋症の発症には突然の大きなストレスが関与しているとされ、自律神経が極度に混乱し、心臓の一部が硬直して動かなくなってしまうという。「心臓の筋肉が気絶したような状態」(野々木医師)で、動きの悪くなった心臓の形がたこつぼのように見えるため、この病名がついた。

たこつぼ心筋症は、心臓が収縮して全身に血液を送り出す際、左心室の下部が収縮せず、 上部だけが過剰に収縮する疾患。

それでタコツボみたいな形になる。

でも、タコツボってなんかカッコ悪い。

病名にカッコ良いも悪いも無いけど。

ガングリオンとかカッコイイ。

再発することはまれで、予後も悪くない。

ストレスが原因だったらストレスさえ取り除ければ。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン