更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

配合錠が増えているのはなぜ?


スポンサーリンク

配合剤

最近、「カデュエット配合錠」や「エカード配合錠」「コディオ配合錠」といった配合錠が増えてますね。
「薬を増やします」より「薬を変えます」のほうが患者さんの抵抗が少なく、コンプライアンスも良いので、このような傾向らしい。
ジェネリック対策もあるでしょう。
それとは別に、「セレスタミン配合錠」や「フスコデ配合錠」など、今まで使っていた薬にも配合という文字がつき始めました。
もともと数種類の成分が入ってい薬なので、これが正しいのですが、長年慣れ親しんできた名称が変わるのは違和感がありますね。
配合剤であることに気付かず、誤って重複または過量に投与されるおそれを防ぐために、販売名に「配合剤」である旨を明記するということです。
いくつかのルールがあるようです。

・保健衛生上の危害の発生するおそれのないものであり、かつ、医薬品としての品位を保つものであること
・原則として、配合剤にあっては、含量の単位の記載はしないこと
・同一の販売名を使用する場合には適宜接尾字等を付す

例)「○○○(販売名)」+「剤型」+「接尾字等」
ただしアルファベットは原則として2文字以上
・二つ以上の有効成分を含有する製剤で、特定の成分のみの製剤と誤解されるような販売名は不可
・錠剤であれば「配合錠」、顆粒剤であれば「配合顆粒」等とする
・アルファベット等の記号を付す場合には、その意味が誤解なく、十分理解できるようなものとする
・小児専用の場合には、小児用であることが明確となるようにする
外用剤については変わらないようですね。
テラ・コートリル配合軟膏とかアドエア配合ディスカスとかにはならない。
でも、そのうちやるかな。

配合剤のほうが安い?

最近配合剤ブームですが、薬局にとっては在庫増となるやっかいものです。

しかし、患者さんにとっては配合剤のほうが安く手に入るので、配合剤に代えたほうがいいというケースも。

ARB+利尿剤(エカード、コディオ、ミコンビ、プレミネント)だと、大して安くないというイメージでしたが、ARB+Ca拮抗剤(エックスフォージ、レザルタス)だと結構安い。

エカードHD¥154.30(ブロプレス8mg¥150.30+ヒドロクロロチアジド6.25mg¥1.40)
コディオEX¥130.60(ディオバン80mg¥125.30+ヒドロクロロチアジド6.25mg¥1.40)
ミコンビAP¥148.80(ミカルディス40mg¥142.20+ヒドロクロロチアジド12.5mg¥1.40)
プレミネント¥158.80(ニューロタン50mg¥155.60+ヒドロクロロチアジド12.5mg¥2.80)
エックスフォージ¥130.10(ディオバン80mg¥125.30+ノルバスク5mg¥64.90)
レザルタスHD¥170.10(オルメテック20mg¥142.00+カルブロック16mg¥70.60)

カデュエットは大して変わらない。

カデュエット1番¥94.10(ノルバスク2.5mg¥35.30+リピトール5mg¥67.10)

ザラカムは安い。

ザラカム¥1306.00(チモプトールXE0.5%¥806.90+キサラタン¥928.50)

そんな感じ。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク