2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ボツリヌス菌がシワを取る?

スポンサーリンク


ボトックス

食中毒の原因菌として有名なボツリヌス菌。

筋肉を麻痺させ弛緩させるさせる作用があるので、手足が動かなくなり、呼吸できなくなり死に至ります。

この怖いボツリヌス菌が医療に応用されています。

顔面痙攣などに注射することによって、脳から筋肉への指令が伝わらないようにすることでピクピクと自分の意志には無関係に動く筋肉の痙攣を抑えることができます。

この医療的な目的以外に美容目的で使われることがあります。

顔のシワを取ることができるのです。

顔のシワは、眉間や目じりの筋肉が収縮を繰り返すことでできるので、ボツリヌス菌によって筋肉の収縮を抑えることでシワを取ることができます。

ボトックスと美容整形

美容整形外科の世界では、ボトックスといえばしわをとる治療法として一般的になっています。

しわは、顔の表情筋が過剰に収縮しているのが原因で、加齢と共に収縮が強調されてきます。

ボツリヌス毒素により筋肉を麻痺させることにより収縮を抑え、しわを目立たなくさせます。

主に、眉間のしわ、額のしわ、目尻のしわ、顎のしわの表情じわが適応になります。

注射の量が多すぎると、表情筋の動きを抑制してしまい表情に乏しい「仮面」様の顔貌になってしまいます。

また、汗を分泌させるエクリン腺の働きを止める効果を期待して、多汗症に用いられることもあります。

日本においても、2009年1月に、「65歳未満の成人における眉間の表情じわ」を効能・効果として、ボトックスビスタが発売され、アンチエイジング医療に使用できるようになりました。

なお、本剤は保険診療の対象にはなりません。

ボトックス注射が片頭痛に効く?

【5月16日 AFP】しわ取りなど美容治療に用いられるボトックス(Botox)注射が、英イングランドとウェールズで偏頭痛治療薬として同国の医療保険制度、国民医療サービス(National Health Service, NHS)による保険診療の対象となりそうだ。

 NHSの依頼を受けてボトックスの効果などを評価していた英国立臨床評価研究所(National Institute for Health and Clinical Excellence、NICE)は11日、既存の治療法で改善がみられなかった偏頭痛患者の頭痛予防に有効だとして、ボトックス注射を推奨するという最終指針案を発表した。ボトックス注射、偏頭痛の治療で保険診療対象に 英国 国際ニュース AFPBB News

片頭痛にボトックスが効くんですね。

どこに打ってもいいのかな。

シワの部分に打って良いのかな。

シワも取れて、片頭痛も治れば一石二鳥。

米国食品医薬品局により承認されたボトックス(A型ボツリヌス毒素)注射 は片頭痛(偏頭痛)の予防のために使用されている薬であるが、一部のタイプの頭痛においては効果が得られないのではないか、という無作為化比較試験のメタアナリシスの報告。

慢性的(1ヵ月あたり15回以上)または散発的(1ヵ月あたり15回未満)、さらに片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛に分類し、27種類の試験を分析したところ、プラセボ(偽薬)と比べてA型ボツリヌス毒素は、慢性的な群発頭痛(1,115人の患者で1ヵ月につき-2.06回)と慢性的な片頭痛(1,508人の患者で1ヵ月につき-2.30回)で症状の発現回数を減少させていた。しかし散発的な片頭痛(1,838人の患者で1ヵ月につき0.05回)と慢性的な緊張型頭痛(675人の患者で1ヵ月につき-1.43回)ではA型ボツリヌス毒素による回数の有意な減少は認められなかった。

A型ボツリヌス毒素は、眼瞼下垂症、皮膚緊張、知覚異常、首の凝り、筋力低下、首の痛みなどの副作用がプラセボより多いことも示された。

効果を他の薬と比較した4種類の試験によると、A型ボツリヌス毒素はトピラマート(1ヵ月につき1.4回)やアミトリプチリン(1ヵ月につき2.1回)と比べて慢性的な片頭痛の頻度を減らす作用は確認されず、バルプロエートと比べてすべての片頭痛(1ヵ月につき0.84回)と散発的な片頭痛(1ヵ月につき0.3回)の頻度は減少していないことがわかった。1種類の試験によれば、メチルプレドニゾロンよりA型ボツリヌス毒素で慢性的な緊張型頭痛(1ヵ月につき-2.5回)の程度を改善することができていたという。

A型ボツリヌス毒素は、慢性的な片頭痛の頻度を19.5回から17.2回に減らし、慢性的な群発頭痛の頻度を17.5回から15.4回に減少させていたが、この注射の臨床的なメリットは少ないかもしれない、と研究者らはコメントしている。片頭痛に対するボトックス注射の効果は限定的:世界の最新健康・栄養ニュース

これをみると、片頭痛にはあまり効かなさそうな。

アメリカでは保険適応されなさそう。

スポンサーリンク

服薬指導のツボ⑥

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導が億劫です

「この薬に副作用はありますか?」と聞かれ、
「副作用の無い薬などありません」こんな禅問答で返しても意味は無いが、添付文書に羅列してある副作用を読み上げても怖がらせるだけ。
逆にノンコンプライアンスに陥らせることによって、「国の医療費節約に貢献したぜオレ」と社会貢献に一役買ったのだと自分を正当化して誤魔化す方法で自信喪失を回避するという妙な思考回路で心のザワつきを抑える。
先生

↑こういうこと聞かれるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索