更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

塩分不足は体に悪い?


スポンサードリンク

摂り過ぎても不足でも心血管病

ひと振り、ふた振りが健康的か!摂り過ぎても不足でも心血管病に 食塩制限(ダイヤモンド・オンライン) – goo ニュース

 塩分の過剰摂取が血圧の上昇をもたらすのは科学的に証明されている。疑義を挟む余地はない。日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン(2009)による1日の食塩摂取基準は6グラム未満で、「本来はもっと少なくするべき」(循環器専門医)という意見が多い。実際の日本人男性の塩分摂取量は11グラムを超えている。40~70歳男性の6割以上が高血圧という現実もあって、同学会では厚生労働省に減塩の促進を働きかけている。

 一方、減塩が高血圧を主要因とする心筋梗塞などの「心血管病」の発症を予防する効果があるか、という点については長らく論争が続いている。というのも血圧とは違い、確実な証拠が見当たらないからだ。血圧を下げるからには「心血管病も予防するはず」との推測が半ば常識化していたのである。ところが、だ。

 昨年秋口来、相次いで減塩の効果を否定する調査研究が発表された。なかでも11月に米国から発表された約3万人の被験者を4年間追跡した試験では、「食塩の過剰摂取はもちろん、不足し過ぎても心血管病を引き起こす“Jカーブ現象”が示された」のである。

 つまり、減塩により心血管病の発症率は減少するが、ある線を越えると、今度は逆に発症率が上昇するというのだ。

 がぜん、減塩懐疑派は色めき立った。というより主治医から厳しい減塩を指示されていた患者が歓声を上げたというべきか、一般紙にも「A dash or two is OK──ひと振り、ふた振りがより健康的」との見出しで大きく取り上げられた。古今東西変わりなく塩味は魅力的なものらしい。一方の減塩推進派は「結果を精査するために大規模試験が必要」とし、討論を受けて立つ構えだ。専門医のこの1年は「Salt War」に明け暮れるだろう。

肝心の適正摂取量だが、同研究によると1日食塩摂取量換算約18グラム以上のグループと5.8グラム未満のグループで心血管病発症リスクが上昇。ということは5.8~18グラムが適正域である。ちなみに、厚生労働省が定めた日本人の1日食塩摂取基準は成人男性9グラム未満、成人女性は7.5グラム未満だ。

なお、この試験結果を鵜のみにするかどうかは各自、ご判断を。

まあね。

ある程度の塩分は大事ですよね。

でも、5.8g未満のグループってのは、もともと心血管病のリスクを持っていて、減塩していた、なんてことは無いのかな。

日本人は味噌汁とか漬物とか、しょっぱいものが大好きなので、注意は必要です。

スポンサードリンク

コメント

  1. 初めまして。塩分と血圧の関係について疑問に思ったので、自分なりに実験してみた結果をかかせてください。

    結果は、因果関係はないんじゃないかと思いました。

    年間通して血圧が140程あったため、塩分を控えろといわれましたが、しょっぱいものが好きなので、あえて濃い味噌汁を飲んだり、食べ物に赤穂の甘塩をバンバンかけてしょっぱさを感じるくらいの食生活を半年ほど続けました。

    その結果、最近はだいたい105前後で推移してます。

    食生活で変わったことといえば、甘いものが嫌いになったことです。
    しょっぱいものを食べ続けていたら、大福等を一口食べるとあまりの甘さに身震いして捨てるほどに嫌いになりました。

    もしかしたら、血圧は糖分の摂取量と関係があるのかもしれません。

    では、失礼しました。

    たかし:2012/8/27

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン