更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

胎児への虐待?虐待は妊娠中から


スポンサードリンク

胎児への虐待

「胎児への虐待」防げ 日本医師会が対策検討 – 47NEWS(よんななニュース)

 虐待によって死亡する0歳児が増えており、その中でも生後1カ月未満が多く、妊娠中の“胎児への虐待”を含めた対応策が必要だとして、日本医師会は19日までに、本格的な検討を始めた。
 今村定臣常任理事は「一般的に虐待は出生後に始まるが、妊娠中に芽生える虐待の兆候を発見したり、胎児の健康を損なう行為を虐待とみなしたりして、早めに対応すべきだ」と指摘している。
 2008年度に、心中を除き、虐待が原因で死亡したと厚生労働省が確認した18歳未満は67人で、0歳児が39人(58%)を占めた。うち26人は生後1カ月未満で、その中でも生後1日以内に死亡した子どもが16人いた。
 親への聞き取り調査などを通じた検証で、死亡につながった虐待行為は「身体的暴力」「放置」などだが、1日以内に死亡した子どもでは、75%は母親が妊婦健診を受けておらず、81%は母子健康手帳の発行を受けていないと判明。69%は望まない妊娠だった。
 今村さんらは、妊娠中に胎児に関心を払わないことが、その後の虐待につながっている可能性が高いと分析。
 また妊婦健診を受けず、産気づいてから初めて医療機関へ飛び込むと、死産したり、新生児の健康状態が悪く早期に死亡したりする恐れもあり、今村さんは「これを胎児への虐待ととらえると、虐待死の数はさらに増える」と指摘する。

胎児への虐待ですか。

そう考えると、中絶も虐待死ですか。

妊娠中にタバコ吸ったり、飲酒したり、は虐待?無知?

命は大事です。

でも、なんかアレもコレも虐待、ってなると母親を犯罪者扱いしているようで。

子供の数が少ないから、社会全体で守ろうという意識が強いのかも知れませんが。

でも結局、育児は誰も助けてくれません。

サポートはしてくれるけど、結局全て母親がやる。父親も助けてくれない。両親も働いてる。

おばあちゃんが家にいれば一番良いと思う。でも働いている。

育児休暇はおばあちゃんにあげればいいんじゃないか。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン