更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

局方収載品は薬価が高い?


スポンサーリンク

最低薬価

薬価本なんかに局方収載品ってマーキングされてますが、あんまり気にしたこと無かった。

局方収載品=一般名収載品かとも思っていましたが、銘柄別に載っているものもあり、ややこしい。

局方収載品と、それ以外の薬の一番の違いは、最低薬価のようです。

最低薬価制度について

なお、日本薬局方医薬品については、医療現場で汎用され医療上の必要性が高いことから、最低薬価をその他の医薬品よりも高く設定している。

局方品以外だと、錠剤で6.1円ですが、局方品だと9.7円。

大きく違う。

散剤だと、局方品以外で6.4円で、局方品だと8.4円。

金額設定がよくわからん。

セパゾン錠とか調べてみたら、最低薬価より安いし。

平成12年度時点で最低薬価を下回っているものは、その時点での薬価を最低薬価とみなし設定している。(いわゆる「みなし最低薬価品目」)

こんなルールもあるのね。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ