更新日:2016年12月31日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

クラバモックスとオーグメンチンの違いは?


スポンサードリンク

クラバモックスとオーグメンチンの違い

クラバモックスとオーグメンチンという同じ成分の薬があります。

どちらも主成分はアモキシシリンというペニシリン系の抗生物質です。
どちらもそのペニシリン系抗生物質以外にクラブラン酸という物質が含まれています。

クラブラン酸はペニシリンに似た形をしていて耐性菌が抗生物質を分解しようとするのを防ぐ囮の役割をします。

クラバモックスもオーグメンチンもクラブラン酸とアモキシシリンの合剤ですが、配合比率が違います。
クラバモックスが1:14で、オーグメンチンが1:2。

アモキシシリンの比率を多くして抗菌力を強め、クラブラン酸の比率を少なくして下痢の副作用を減らすように改良したのがクラバモックスという訳です。

しかしそもそも剤形が違うので、クラバモックスは小児用のドライシロップ、オーグメンチンは錠剤なので成人用という使い分けになります。

オーグメンチンの特徴

クラブラン酸のβラクタマーゼ阻害作用とAMPCにより相乗的な抗菌効果。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン