2019年5月13日更新.3,425記事.5,981,511文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

2品目目の覚せい剤原料?

スポンサーリンク

ビバンセカプセル

覚せい剤原料といえば、エフピーOD錠(セレギリン塩酸塩)である。

エフピーのみである。エフピーのために帳簿を付けている。

のだが、新たに覚せい剤原料が追加になるようだ。2品目目の覚せい剤原料である。

ビバンセカプセル(リスデキサンフェタミンメシル酸塩)ドパミンとノルアドレナリンの遊離促進・再取り込み阻害薬。

効能効果は小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)。6歳~17歳の患者が対象となる。神経伝達物質の働きを強めることにより、AD/HDの諸症状を改善すると考えられている。

警告には以下の記載がみられる。

1. 本剤の投与は,注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の診断,治療に精通し,かつ薬物依存を含む本剤のリスク等についても十分に管理できる,処方登録システムに登録された医師のいる医療機関及び薬剤師のいる薬局において,登録患者に対してのみ行うこと。また,それら薬局においては,調剤前に当該医師・医療機関・患者が登録されていることを確認した上で調剤を行うこと。

2. 本剤の投与にあたっては,患者又は代諾者に対して,本剤の有効性,安全性,及び目的以外への使用や他人へ譲渡しないことを文書によって説明し,文書で同意を取得すること。

同じ覚せい剤原料といっても、エフピーよりもかなり厳しい流通管理。当たり前か。エフピーよりもリタリンに近い流通管理。

そもそも覚せい剤に近いリタリンが覚せい剤原料に指定されていないという不思議。

発売後しばらくは第一選択薬としては使えず、コンサータやストラテラが効かない場合に処方されるようだ。とにかく、返品不可の面倒な薬が増えたということだ。

スポンサーリンク

腎排泄率が最も高い経口抗凝固剤は?

IMG_0670
薬剤師

下記の経口抗凝固剤のうち、腎排泄率が最も高いものはどれか。
A. ダビガトラン
B. リバーロキサバン
C. アピキサバン
D. エドキサバン
E. ワルファリン

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット
follow us in feedly
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気の記事


スポンサーリンク

検索