2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

エカベトNa顆粒でドーピング?

スポンサーリンク


エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」にアセタゾラミドが混入

エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」が自主回収された。
アセタゾラミドが混入していたそうだ。

沢井製薬が胃炎・胃潰瘍治療薬のエカベトNa顆粒を自主回収

混入は、18年6月に行われたレスリングの全日本選抜選手権大会に出場した男性選手からアセタゾラミドが検出されたことから発覚した。アンチドーピング協会の資料などによると、選手は18年8月から19年2月まで暫定的資格停止の処分を受けていたが、同協会では「競技者に過誤や過失もない」として2月22日付けで処分を取り消した。

混入量は1gあたり37マイクロとごく微量で、製品の有効性や安全性にも影響はないという。

そんな微量でも検出されてしまうのですね。

普通の人が飲んでも健康上の被害は出ないのかも知れませんが、このような競技者が飲んで資格停止処分を受けたら、その被害は甚大でしょう。
まだ原因究明の段階なので、はっきりとしたことはわかりませんが、

同社では、同成分の取り扱いはしていないため、原薬メーカーの製造段階で混入したのではないかとみて調査を進めている。原薬の原産国などは非開示。

中国あたりで作った原薬なのかも知れませんが、サワイだけが使っている原薬とは限りません。
ドーピング検査をしたからひっかかったものの、通常であれば発覚しないケースがほとんどでしょう。

ドーピング禁止物質だからひっかかったわけで、他の異物も混入している可能性すらあります。
ネガティブな思考が渦巻きますが、来年はオリンピックイヤー。
「アスリートは薬を使わないほうが良いのではないか」「ジェネリック医薬品などもってのほか」といった風評が流れる前に、なんとか原因を解明してもらいたいものです。

スポンサーリンク

血中濃度を測定する必要がある薬剤はどれ?

IMG_0670
薬剤師

血中濃度を測定する必要がある薬剤はどれか。
A. シクロスポリン(ネオーラル)
B. メソトレキセート(メソトレキサート)
C. ジゴキシン(ジゴシン)
D. バルプロ酸Na(デパケン)
E. トラスツズマブ(ハーセプチン)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索