2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

4連包の薬?

スポンサーリンク


4連包の薬

錠剤のシートって大体10錠つづりですが、中にはウイークリーシートといって1週間単位で取りやすいように14錠つづりのものもある。
なので10錠か14錠かな、という固定観念で監査するとリパクレオンみたいな1シート12カプセルというイレギュラーなタイプにひっかかる。

粉薬にしてもそうだ。
大体1シート3包のものが多いので、3包かと思いきや、PL顆粒は4包つづりのシートになっている。
PL顆粒の用法が「1日4回」であるため、4連包なのだそうだ。しかしPL顆粒の1日4回という処方は滅多に見ない。1日3回で飲むのが普通だろう。

4連包のシートの薬は他にもあるようだが、アローゼン顆粒とホスミシンドライシロップくらいしか私は知らない。

特にアローゼン顆粒は4連包と7連包があり、薬局によって採用が異なるのでやっかいだ。
0.5gと1gの分包品がある点でもやっかいだ。
うちの薬局では0.5gしか在庫しておらず、1回1gで処方された際には1回に0.5gを2包飲んでもらうという手法を取っているので、またまたやっかいだ。
かなり調剤ミスの温床になっている。

ちなみにメイアクトMS小児用細粒は3連包のシートがあるが、0.3gと0.5gの分包品がある。

このような分包品で、調剤ミスを起こしやすい薬については、どのような規格があるのか知っておいて、他の薬局に行ったときにも柔軟に対応できるようにしておくのが、私のような常に転職を考えている薬剤師にとっては重要なことである。

スポンサーリンク

効果を高め耐性化を防止するレボフロキサシン投与法は?

IMG_0670
薬剤師

キノロン系抗菌薬は肺炎球菌や大腸菌に対する耐性化が危惧されている。レボフロキサシン(LVFX)で治療を行う場合、効果を高め耐性化を防止する適切な投与方法はどれか?
A. 1回100mgを1日3回投与
B. 1回200mgを1日3回投与
C. 1回500mgを1日1回投与
D. 1回250mgを1日2回投与

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索