更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

乳幼児服薬指導加算はベタ取りしていい?


スポンサードリンク

乳幼児服薬指導加算と薬剤服用歴管理指導料

乳幼児服薬指導加算の算定要件に、手帳への記載が求められているので、薬剤服用歴管理指導料34点を算定する場合には、乳幼児服薬指導加算は算定できない。

乳幼児服薬指導加算

乳幼児(6歳未満)に係る調剤に際して必要な情報等を直接患者又はその家族等に確認した上で、患者又は患者の家族等に対し、服用に関して必要な指導を行い、かつ、指導内容等を手帳に記載した場合は、所定点数に5点を加算する。

ア 乳幼児服薬指導加算は、乳幼児に係る処方せんの受付の際に、体重、適切な剤形その他必要な事項等の確認を行った上で、患者の家族等に対して適切な服薬方法、誤飲防止等の必要な服薬指導を行った場合に算定する。
イ 乳幼児服薬指導加算を算定した処方せん中の薬剤の服用期間中に、患者の家族等から電話等により当該処方薬剤に係る問い合わせがあった場合には、適切な対応及び指導等を行うこと。
ウ アにおける確認内容及び指導の要点について、薬剤服用歴の記録及び手帳に記載する

うーん。

これは6歳未満の患者にベタ取り(100%算定)しても良いものか。
もちろん必要な指導は行った上で。

しかし、今までの「特別の乳幼児用製剤」を行った場合の点数が削除された代わりの点数って考えると、どうなんだろう。

特別の乳幼児用製剤を算定していた薬局がどのくらいあったものか。

日経DI2012.3のコラムに、
「この加算は6歳未満の患者に指導をすれば、ほぼ自動的に算定できるらしい。ハイリスク薬加算もこれと同じように、きちんと指導すれば、ハイリスク薬が処方された患者全例に算定できるようにすればよいと思うのだが、いかがであろうか。」
と、書かれている。

認識的には、こういう認識で良いのかな。

ハイリスク薬のときほど話題に上がって無いし。

指導の要点について手帳に記載する、って部分が面倒だな。

薬情に載ってくる指導文を、お薬手帳にも表示されるように設定すればよいかな。

おしまい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク