2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

うつ病じゃないのに抗うつ薬?

スポンサーリンク


抗うつ薬の適応外使用

複数の効能効果を持つ薬だったり、適応外使用で処方されている薬の説明で、とんちんかんな説明をしてしまった経験はあるだろうか。
私はもちろんある。

肩こりで葛根湯が出てる患者に、風邪と思い込んで説明したり、
尿漏れでスピロペントが出てる患者に、咳止めと思い込んで説明したり、
そこらへんはまだ、風邪っぽい症状に使われる薬なので、患者も聞き流すというか、そういう効果もあるんだな~程度ですが、ちょっと聞き流せない雰囲気になる薬がある。

精神系の薬が処方されている場合に、「ん?ちょっと待てよ」みたいな患者の反応になることがある。
「俺は精神病患者か?」みたいな。
「処方間違いじゃないのか?」みたいな。

デパスが肩こり、腰痛、頭痛などに使われることはよくあるが、あまり抗不安薬、精神安定剤、マイナートランキライザー的な言い回しを強めにすると、ノンコンプライアンスに陥る可能性がある。

精神系の薬で痛み関連の適応を持つ薬は多い。

サインバルタ:糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症
デパス:頸椎症,腰痛症,筋収縮性頭痛
トリプタノール:末梢性神経障害性疼痛
コントミン/ウインタミン:催眠・鎮静・鎮痛剤の効力増強
セルシン:脳脊髄疾患に伴う筋痙攣・疼痛

また、消化器系の疾患で、例えばストレス性の胃炎とかでも精神系の薬が処方されることがありますが、その場合もあまり精神安定剤的な言い回しは避けたい。

スポンサーリンク

アリミデックス服用中閉経後乳癌 併用非推奨なのは?

IMG_0670
薬剤師

アリミデックス(一般名:アナストロゾール)で治療中の閉経後乳癌の患者に対し、骨密度低下を防ぐために骨粗鬆症の治療薬を併用する必要がある。下記のうち、併用が推奨されていない薬剤はどれか。
A. ベネット(一般名:リセドロン酸ナトリウム)
B. エディロール(一般名:エルデカルシトール)
C. アスパラ-CA(一般名:L-アスパラギン酸カルシウム)
D. エビスタ(一般名:ラロキシフェン)
E. プラリア(一般名:デノスマブ)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索