2018年9月20日更新.3,327記事.5,533,947文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

体臭の原因は病気?

スポンサーリンク


体臭の原因は病気?

たまに、薬局に体臭漂う患者さんが来ることがある。
生活保護を受給している常連さん。

他の患者さんの迷惑になる、というと差別っぽくなるが、実際そうなので、さっさと投薬を済まして出て行ってもらう。
強烈な臭いの方は、衛生的な問題が大きいですが、病気が原因の体臭というのもあるので、嗅ぎ分けて推理してみると、不快な気持ちが軽減されるかも?

甘酸っぱい臭い:糖尿病、過激なダイエット
腐った卵のような臭い:胃腸病
ネズミ臭・カビ臭:肝機能低下、慢性肝炎
腐った肉:蓄のう症、扁桃腺炎、肺炎
アンモニア臭:腎機能低下、尿毒症
体が魚くさい:魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)、生まれつきの代謝異常
便の腐敗臭:便秘など腸の機能低下
尿の強いアンモニア臭:膀胱炎、尿道炎
古くなった油の臭い:ストレス
ロウソクのような臭い:加齢臭

尿と便と汗の臭いの違い

尿の臭いは窒素化合物系。
便の臭いは硫黄化合物系。
汗の臭いは脂肪酸系。

これを3大悪臭という。

窒素化合物系:台所やトイレの臭いで主成分がアンモニア・トリメチルアミンの、生臭さや腐敗臭、尿などの臭い。
硫黄化合物系:生ゴミやトイレの臭いで、主成分がメルカプタン・硫化水素の、便や屁などの臭い。
脂肪酸系:玄関や下駄箱、靴の臭いで、主成分がイソ吉草酸系の、汗や足の臭い。

糖尿病患者の息は甘酸っぱい?

糖尿病患者の息は、柿の腐ったような甘酸っぱい臭いがするらしい。

この臭いをアセトン臭といいます。

アセトンはケトン体の一つです。

ケトン体とは、血液の中のインスリンが少なくなったとき、糖質をエネルギー源として使えなくなるため、代わりに脂肪やタンパク質をエネルギーとするために、分解しようとします。その分解の過程において分解産物としてできる物質です。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料