2018年11月18日更新.3,346記事.5,747,633文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

麻薬の在庫が無い薬局の事情

スポンサーリンク


麻薬の在庫を置きたくない

皆さんの薬局には、麻薬の不動在庫はどれくらいあるでしょうか?

私の薬局には数十万単位の不動在庫があって、ちょっとやばいかも。
ワンデュロパッチ6.7mg(薬価:3487.2円)が何十枚かデッドストックになっている。
期限切れの際には上から何か言われそう。

現場としては仕方ないのさ。
だって次回分を用意していないと、患者さんから怒られるんだもの。

正直、麻薬処方せんはほとんどの薬局にとってアンウェルカム。
来てほしくない存在なのです。

なぜ、麻薬がデッドストックになってしまうのか。
①卸に返品できない。開封していない薬でも返品できない。
②他店に譲り渡せない。チェーン店であれば、他店に転送したいところであるが、転送できない。
③規格がコロコロ変わる。患者の病態が変化する。麻薬を使う患者には癌患者が多い。しかも末期の患者であれば、複数の麻薬を使ったり、短期間で10mg→20mg→30mgと増量していくたびにデッドストックが増えていく。

③は仕方ないとして、①②については、麻薬及び向精神薬取締法の規制緩和を求む。
しかし、ウエルシア薬局ユーカリが丘店(千葉県佐倉市)やら南圃堂薬局(東京都府中市)みたいな、処方せんなしでの薬の販売という事件があると、規制緩和も難しくなる。

というわけで、そこらへんの事情を患者さんに説明して、病院から処方箋のFAXを頂いて翌日に薬を取りに来てもらうといった対応が必要になる。

スポンサーリンク

コメント

  1. ②については不可能ではないです。条件がかなり厳しいですが https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/yakumu/mayaku-joutokyoka.html

    やはり規制緩和がなされたほうが在庫の処理はしやすいです

    n:2018/8/15

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/11 悪夢をみる薬? (おかる) たいへん参考になりました。 ありがとうございました。。 ...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ