2018年12月11日更新.3,340記事.5,763,436文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

妊婦にプロトピックは禁忌じゃない?

スポンサーリンク


免疫抑制剤と妊婦

プロトピック軟膏は妊婦に禁忌、でした。
が、平成30年7月10日付厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全対策課長通知(薬生安通知)により、禁忌からは削除され、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合に妊婦にも投与することが可能となりました。

禁忌でなくなったのは、プロトピック軟膏のみならず、プログラフやネオーラルなどの免疫抑制剤も妊婦に禁忌ではなくなりました。

厚労省医薬・生活衛生局は7月10日、免疫抑制剤タクロリムス水和物、シクロスポリン、アザチオプリンについて、禁忌としていた妊婦への投与ができるように添付文書を改訂することを日本製薬団体連合会に通知で指示した。これら薬剤は、自己免疫疾患の治療や臓器移植後の拒絶反応の抑制に用いるが、患者が妊婦の場合、投与できないとされていたため治療の継続が課題となっていた。今回の禁忌の解除で、医師が処方可能と判断すれば、妊娠後も治療を継続できるようになる。

同省の資料によると、動物試験で催奇形性が報告されているが、国立成育医療センター「妊婦と薬情報センター」が行った海外疫学研究では、服用した妊婦で胎児の先天奇形の発生率が有意に上昇したという報告はなく、欧米など6か国の添付文書では基本的に禁忌とされていない。そこで今回、日本でもこれら薬剤の添付文書の禁忌から妊婦を削除し、「治療上有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する」に記載を改めることにした。

改訂対象は、タクロリムス水和物の経口剤、注射剤、点眼剤、軟膏剤、アザチオプリンの錠剤、シクロスポリンの経口剤、注射剤。厚労省 免疫抑制剤3剤、妊婦の使用可能に 添付文書改訂指示 妊娠後の治療継続に道 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline

若い女性でこれらの薬を服用している患者もいるが、治療継続できるというわけだ。

妊婦に禁忌じゃなくなったのなら、授乳婦にも使って良いような気もしますが。プロトピック軟膏程度なら。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/27 デパス0.25mg? (ジョン) 0.25役に立ってます。 過眠症でモディオダール服用し、副...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ