2018年8月20日更新.3,306記事.5,465,881文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

オスグッドは成長痛?

スポンサーリンク


オスグッド・シュラッター病とは?

患者さんから耳慣れない病名を聞くと、とっさに知ったかぶりをしてしまうダメダメ薬剤師な私です。
オスグット」と言われ、「ああ、オスグットですか」と言って、あとで調べる。

オスグッド・シュラッター病というのが正式名称のようだ。

10~15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れるという。
確か処方されたのも12歳の男子。

特に発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスと言われている。
サッカーはボールを蹴ることが多いことや、リベロのように動く選手や、バレーボールでよくスパイクを打つ選手などは、痛みが増したりするために特に治りにくいと言われることがある。
しかし一番治すために効果的なのは、完全にスポーツなどを中止し休養を取ることである。
休めば治る。

このオスグットは成長痛の一種と認識されている場合も多い。
オスグッド・シュラッター病の患者はたいてい最初は成長痛などと言われるが、成長痛は運動をした・しないに関わらずに時期が経つと治るのに対し、いつまでも痛みがひかない場合はオスグッド・シュラッター病であることが多い。

成長痛は運動をしていても治るけど、オスグッドは運動をやめないと治りにくい。
そのため、オスグッドで部活を辞める、というお子さんも多い。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料