2018年4月19日木曜更新.3,306記事.5,274,298文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

精神病患者にエピペンは禁忌?

スポンサーリンク

抗精神病薬とアナフィラキシーショック

抗精神病薬(エビリファイ、ジプレキサ、セロクエル、リスパダール等)の添付文書改訂で、「禁忌」の項目の、
「アドレナリンを投与中の患者」というのが、

「アドレナリンを投与中の患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)」
という文言が追加された。

アドレナリンとα遮断作用を有する抗精神病薬の併用については、薬理学的に血圧低下が起こるおそれがあり、併用禁忌とされてきた。
しかし、アナフィラキシーは致死的な状態に至る可能性があり、迅速な救急処置としてアドレナリン投与が必要とされることから、アナフィラキシー治療時に患者の急な容態の変化にも対応できる体制下においてアドレナリンを使用することは、リスクを考慮しても許容できると判断されたため、改訂された。

併用禁忌には、以下のように書かれている。

薬剤名等
アドレナリン
(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
(ボスミン)

臨床症状・措置方法
アドレナリンの作用を逆転させ、重篤な血圧降下を起こすことがある。

機序・危険因子
アドレナリンはアドレナリン作動性α、β-受容体の刺激剤であり、本剤のα- 受容体遮断作用により、β-受容体刺激作用が優位となり、血圧降下作用が増強される。

アドレナリンは、興奮したときなどに多く分泌される物質で、心拍数を高めます。また、ノルアドレナリンは交感神経を刺激し、血管を収縮させます。
これらの働きにより血圧は上昇するというのが、アドレナリンの一般的な作用ですが、上記のように、α遮断薬投与後にアドレナリンを投与すると、「アドレナリン反転」と呼ばれる現象、血圧降下がみられる。

抗精神病薬とエピネフリンの併用禁忌に関する対応|Web医事新報|日本医事新報社
エピネフリンではなく、アドレナリンと呼びましょう。

①最近使用されている非定型抗精神病薬は定型抗精神病薬ほどα1受容体遮断作用が強くない
②抗精神病薬の至適投与量がエピネフリン反転を起こしやすいことの根拠が臨床的に乏しい
といった理由が挙げられていますが、今回の改訂では定型も非定型も「アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く」という文言は追加されている。

そもそも降圧剤のα1遮断薬の禁忌にはアドレナリンと書かれていないのに、抗精神病薬のほうには書かれているのはなぜ?


スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ