2018年4月15日日曜更新.3,306記事.5,274,298文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

腎障害患者に禁忌の薬一覧

スポンサーリンク

腎障害患者に禁忌の薬

個人的に、投薬時に最も注意している患者は腎機能の低下した患者。
透析クリニックの門前薬局とかで働きたくない。

腎臓専門医であれば、薬のこともよく理解しているだろう、ということで確認をおろそかにしてしまいがちなダメ薬剤師です。
必ず確認する。

日本腎臓病薬物療法学会
腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤投与量一覧

腎機能関連で禁忌の記載のある薬は以下の通り。

医薬品名禁忌
アクトネル/ベネット高度な腎障害のある患者〔クレアチニンクリアランス値が約30mL/分未満の患者では排泄が遅延するおそれがある。〕
アドシルカ重度の腎障害のある患者[重度の腎障害のある患者では本剤の血漿中濃度が上昇すること、使用経験が限られていること及び透析によるクリアランスの促進は期待されないため。]
アベマイド重篤な肝又は腎機能障害のある患者[代謝や排泄が低下し、低血糖を起こすおそれがある。]
アマリール重篤な肝又は腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
イグザレルト[非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制] 腎不全(クレアチニンクリアランス15mL/min未満)の患者[使用経験がない.][深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症の治療及び再発抑制] 重度の腎障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)のある患者[使用経験がない.]
イフェクサー重度の腎機能障害(糸球体ろ過量15mL/min未満)のある患者又は透析中の患者[使用経験が少ない。本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがある。また、本剤は透析ではほとんど除去されない。]
インヴェガ中等度から重度の腎機能障害患者(クレアチニン・クリアランス50mL/分未満)[本剤の排泄が遅延し血中濃度が上昇するおそれがある。]
エリキュース〈非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制〉 腎不全(クレアチニンクリアランス(CLcr)15mL/min未満)の患者[使用経験がない。]〈静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制〉 重度の腎障害(CLcr 30mL/min未満)の患者[使用経験が少ない。]
オイグルコン/ダオニール重篤な肝機能障害又は腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
オーラノフィン腎障害、肝障害、血液障害あるいは重篤な下痢、消化性潰瘍等のある患者〔悪化するおそれがある。〕
グリコラン(2) 腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する。](3) 透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
コルヒチン肝臓又は腎臓に障害のある患者で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤又はP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の患者[本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。]
ザイザル重度の腎障害(クレアチニンクリアランス10mL/min未満)のある患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
サインバルタ高度の腎障害のある患者[本剤の血中濃度が上昇することがある。]
ザファテック高度の腎機能障害患者又は透析中の末期腎不全患者[本剤は主に腎臓で排泄されるため、排泄の遅延により本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。]
ザルティア重度の腎障害のある患者[重度の腎障害のある患者では本剤の血漿中濃度が上昇すること及び使用経験が限られているため。
ジベトス(2) 腎機能障害(軽度障害も含む。)(3) 透析患者(腹膜透析も含む。)
シベノール透析中の患者[急激な血中濃度上昇により意識障害を伴う低血糖などの重篤な副作用を起こしやすい。(本剤は透析ではほとんど除去されない。)]
ジメリン重篤な肝又は腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
シンメトレル透析を必要とするような重篤な腎障害のある患者〔本剤は大部分が未変化体として尿中に排泄されるので、蓄積により、意識障害、精神症状、痙攣、ミオクロヌス等の副作用が発現することがある。また、本剤は血液透析によって少量しか除去されない。〕
スターシス/ファスティック透析を必要とするような重篤な腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
スローケー乏尿・無尿(前日の尿量が500mL以下あるいは投与直前の排尿が1時間当り20mL以下)又は高窒素血症がみられる高度の腎機能障害のある患者〔高カリウム血症が悪化する。〕
ソタコール重篤な腎障害(クレアチニン・クリアランス<10mL/min)のある患者[本剤は腎臓から排泄されるため,血中濃度が高くなることにより,重篤な副作用が発現するおそれがある。]
ソバルディ重度の腎機能障害(eGFR<30mL/分/1.73m2)又は透析を必要とする腎不全の患者
ダイアモックス無尿、急性腎不全の患者[本剤の排泄遅延により副作用が強くあらわれるおそれがある。]
ダイドロネル重篤な腎障害のある患者〔排泄が阻害されるおそれがある。〕
チガソン腎障害のある患者[本剤の作用が増強するおそれがある。]
デアメリンS重篤な肝又は腎機能障害のある患者[低血糖を起こすおそれがある。]
ティーエスワン重篤な腎障害のある患者[フルオロウラシルの異化代謝酵素阻害剤ギメラシルの腎排泄が著しく低下し、血中フルオロウラシル濃度が上昇し、骨髄抑制等の副作用が強くあらわれるおそれがある。
トライコア中等度以上の腎機能障害のある患者(目安として血清クレアチニン値が2.5mg/dL以上)[横紋筋融解症があらわれることがある。]
ハーボニー重度の腎機能障害(eGFR<30mL/分/1.73m2)又は透析を必要とする腎不全の患者
バイエッタ透析患者を含む重度腎機能障害のある患者[本剤の消化器系副作用により忍容性が認められていない。]
ビジクリア透析患者を含む重篤な腎機能障害のある患者、急性リン酸腎症のある患者[吸収されたリンの排泄が遅延し、血中リン濃度の上昇が持続するおそれがある。腎機能障害、急性リン酸腎症(腎石灰沈着症)を悪化させるおそれがある。]
ビデュリオン透析患者を含む重度腎機能障害のある患者[本剤の消化器系副作用により忍容性が認められていない。]
プラザキサ透析患者を含む高度の腎障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)のある患者[本剤は主に腎臓を介して排泄されるため、血中濃度が上昇し出血の危険性が増大するおそれがある。
フルダラ重篤な腎障害のある患者(クレアチニンクリアランス<24時間蓄尿により測定>が30mL/分未満の患者)[本剤は腎から排泄されるので、排泄遅延により副作用が強くあらわれるおそれがある。]
ベザトール1. 人工透析患者(腹膜透析を含む)[横紋筋融解症があらわれやすい。]2. 腎不全などの重篤な腎疾患のある患者[横紋筋融解症があらわれやすい。]
マクサルト血液透析中の患者
マラロン〔予防の目的で投与する場合〕重度の腎障害のある患者[本剤の配合成分であるプログアニルの排泄が遅延し、血中濃度が上昇する可能性がある。
ミオカーム重症腎不全(腎クレアチニン・クリアランスが20mL/分以下)の患者
ミニリンメルト中等度以上の腎機能障害のある患者(クレアチニンクリアランスが50mL/分未満)[血中半減期の延長、血中濃度の増加が認められる。]
ミラペックス透析患者を含む高度な腎機能障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)のある患者[副作用が発現しやすくなるおそれがある。]
メソトレキセート腎障害のある患者[本剤の排泄遅延により副作用が強くあらわれるおそれがある。]
メタクト(2) 腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓におけるメトホルミンの排泄が減少する。](3) 透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中メトホルミン濃度が持続するおそれがある。]
メタルカプターゼ腎障害のある患者[ネフローゼ等の重篤な腎障害を起こすおそれがある。]
メトグルコ(2) 中等度以上の腎機能障害〔腎臓における本剤の排泄が減少する。〕(3) 透析患者(腹膜透析を含む)〔高い血中濃度が持続するおそれがある。〕
リーマスリチウムの体内貯留を起こしやすい状態にある患者[リチウムの毒性を増強するおそれがある。](1) 腎障害のある患者
リウマトレックス腎障害のある患者[副作用が強くあらわれるおそれがある。]
リオベル重篤な腎機能障害のある患者
リクシアナ〈非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制〉 腎不全(クレアチニンクリアランス15mL/min未満)のある患者[使用経験がない。また、ベネフィットを上回る出血のリスクが生じるおそれがある。]下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制〉 高度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス30mL/min未満)のある患者[使用経験が少ない。また、静脈血栓塞栓症発症抑制効果を上回る出血のリスクを生じるおそれがある。]
リスモダンR透析患者を含む重篤な腎機能障害のある患者[本剤は主に腎臓で排泄されるため、血中半減期が延長することがあるので、徐放性製剤の投与は適さない。]
リマチル腎障害のある患者[ネフローゼ症候群等の重篤な腎障害を起こすおそれがある]
レグテクト高度の腎障害のある患者[排泄遅延により、高い血中濃度が持続するおそれがある。]
レベトール慢性腎不全又はクレアチニンクリアランスが50mL/分以下の腎機能障害のある患者[本剤の血中濃度が上昇し、重大な副作用が生じることがある。]

腎機能障害の程度によっても、禁忌か慎重投与かに分かれる薬がある。
クレアチニンクリアランスの確認などが必要となる。


スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ